コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

   

「肩こり解消!お風呂で楽しくストレッチ」その方法と効用

肩こりは、大変辛いものです。

この辛い肩こりは、どのようにして生じるのでしょうか?

また、その対策はどうすれば良いのでしょうか?

ここでは、肩こりの原因を探り、忙しい現代人がその症状を改善できるよう、普段は別々に行っているお風呂の活用とストレッチを組み合わせ、合理的に実施する方法を提案します。

そして、お風呂でのストレッチを効果的に行う方法や、実施する場合の注意点について説明します。

普段、仕事や家事に忙しく、ストレッチができなかったあなた。

今日から毎日が健康ライフです!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

血圧が高い大学生が急増?背景を探り、改善策を考えよう!

大学生と言えば、若くて元気なイメージを持つ方も多いでしょ...

臀部筋肉が硬くなると痛みが出る?!ストレッチや食事で解消

座っているときや、座っている状態から立ち上がるときなど、...

実践してみよう!腰痛にならない為の腹筋・背筋の鍛え方!

今や、日本人の約4人に1人が苦しんでいるといわれる腰痛。...

腰痛をどうにかしたい!腹筋の正しい筋トレ方法教えます!

腰痛になる原因の一つに「腹筋が弱いから」と聞いたことはあ...

腰痛を悪化させる?やってはいけない腹筋トレーニングとは?

腰痛を改善するために、腹筋トレーニングに励んでいる方もい...

外反母趾からくる腰痛の改善・予防方法と整体学の関連性

「オシャレは我慢」という言葉がありますね。 オシャレを...

実践すべき腰痛とヘルニアに効果的なマッサージ&ストレッチ

引き起こされる原因は人によって違いますが、腰痛を一度も感...

腰痛がある人にコルセットは有効?寝る時はどうしたらいい?

腰痛がある人ならば、腰痛コルセットを1回は使用したことが...

腰が曲がる原因と予防法をご紹介

腰について、悩みを持っている人は多くいます。 若いうち...

腕の筋肉を鍛えてぜい肉を撃退!脂肪の落とし方はコレだ!

鏡を見ると、いつのまにかついてしまった脂肪。 目につき...

腕への負担を減らして痛みが辛い腱鞘炎を予防しよう!

主婦やデスクワーカーの人は、知らず知らずのうちに手首に負...

腕の付け根の脂肪がなかなか取れない場合どうしたらいい?

腕の付け根の脂肪は、男女問わず気になるものです。 腕の...

美脚が憧れ!下半身の筋肉を鍛えて美しい女性になろう!

「自分の脚が太くて好きになれない」という悩みを持つ女性は...

脇腹や肋骨が痛いときは肋間神経痛かも?その痛みの原因とは

突然、脇腹や肋骨に痛みが生じることがあります。 痛みの...

背骨が痛い原因は一箇所ではない!ストレッチで撃退しよう!

突然ですが、皆さんは、普通に生活していて「背骨が痛い」と...

実は危険な背中の痛み!吐き気を伴うときはさらに注意して!

みなさんは、耐えるに堪えがたい背中の痛みを感じたことはあ...

背中に違和感がある人必見!整体学からその原因を探ろう!

体に感じる違和感と言えば、肩こりや腰痛を挙げる人が多いで...

背中や腰の痛みの原因は?マッサージやツボ指圧で改善?!

しつこい背中や腰の痛みに悩んでいませんか? 生活するう...

背中の痛みが右側に!?この痛みでどんな症状が考えられる?

背中に痛みが現れた場合、痛みの原因は筋肉痛から内臓系まで...

背中に痛みに要注意!ヘルニアの危険性もある!?

背中が張っている、背中が痛いと感じることがありませんか。...

スポンサーリンク


肩こりの原因

お風呂でのストレッチを行う前に、まず肩こりの原因を考えましょう。

肩こりの原因として、まず「姿勢の悪さ」が考えられます。

長時間にわたり、本を読むとき、またパソコンやスマホを操作するとき、猫背で前屈みを続けていると、頭の重みを支えるため、首筋から肩にかけての筋肉が異常な緊張を強いられます。

そうして緊張を強いられた筋肉は膨張し、血管を圧迫する結果、その部分の血流が悪くなります。

そして、筋肉や血液内のブドウ糖が不完全燃焼する結果、老廃物や疲労物質が生まれてしまいます。

その老廃物や疲労物質が、筋肉に痛さの刺激を与え肩こりが生じるのです。

また、この痛さのメッセージが脳に伝わると、脳から筋肉をさらに緊張させる指令が出され、緊張状態が止まることがない悪循環に陥ることになります。

次に考えられる原因は「運動不足」です。

運動不足の場合は、全身を動かすことが少ないので血流が悪くなり、また、筋肉が衰え正しい姿勢を維持することも難しくなります。

3番目に考えられる原因は「肥満」です。

肥満の場合、体脂肪に比べて筋肉の比率が少なく、首や肩、そして背中などに重い体重がかかり続ける結果、筋肉が緊張を強いられる状態となってしまいます。

また、「ストレス」も無視できない原因のひとつです。

ストレスが溜まると自律神経のバランスが崩れ、交感神経が過度に働く状態となり、その結果、血管が収縮し血流が悪くなります。

肩こりの症状を改善するお風呂とストレッチ

それでは、このつらい肩こりの症状を軽くしたり治したりするには、どうすれば良いのでしょうか。

第1の方法は首、肩、背中を中心に体を温めることです。

具体的には、患部に蒸しタオルを当てたり、温風を吹きつけたりすることですが、最も効果的といわれているのがお風呂に入ることです。

お風呂に入り体全体を温めることにより、血液の循環が良くなって血管中の老廃物や疲労物質の排出を即し、また、硬直した筋肉繊維も柔らかくなります。

第2の方法は、無理をしない範囲でストレッチを行うことです。

ストレッチを行うことにより、筋肉に伸び縮みの躍動感を与え、そのことが血液の循環を滑らかにすることに繋がるのです。

この入浴とストレッチは、毎日継続して行うことが大切です。

しかし、仕事や家事・育児に忙しく、ストレッチができなかった、あるいは、するのを忘れてしまったという日もあるでしょう。

そこで良い方法を提案します。

お風呂の中でできるストレッチがあるのです。

お風呂で体を温めながらストレッチを行うことにより、その効果が増すばかりではなく、時間の節約にもなります。

そして、これを習慣化すると、毎日忘れずに続けることができるでしょう。

お風呂の湯船でストレッチ!

まずお風呂の湯船では、少しぬるめのお湯にゆったりと入って体全体を温めます。

しばらくして体が温まったら、最初に首のストレッチを行いましょう。

首を前後・左右に倒すことを数回、そしてぐるぐると回すことを数回、それらを組み合わせて1セット分にします。

この動作を2~3セット程繰り返してください。

次に頭の後頭部に両手を回し、頭を右下方向や左下方向に押す動作を行います。

これは、首筋から肩、背中にかけての筋肉を伸ばす運動です。

緊張して固まっている筋を、ゆっくりと伸ばすように意識しながら行うと効果的です。

これを左右それぞれ2~3回ずつ行います。

さらに、お湯の中で肩を数回上下させ、肩関節をぐるぐる回すことも取り入れると効果がさらに上がります。

これは肩を柔らかくし、その可動域を広げるストレッチです。

また、肩こりの症状が重い場合は、お湯の中で軽くマッサージするのも良いでしょう。

湯船でのストレッチは、本当に気持がリラックスするものです。

お風呂の脱衣所や洗い場でストレッチ!

お風呂の脱衣所や洗い場では、そのスペースに応じて、一般的なラジオ体操の中からできるものを2~3選んで行いましょう。

足の屈伸や上半身の前屈などが効果的かもしれません。

ストレッチの種類は、こうでなければいけないという決まりはなく、自分がやりやすいものを選んで行います。

要は、首や肩だけではなく、全身の筋肉を伸縮させて柔らかくし、血行を良くすることが目的だからです。

肩こり対策では、患部だけではなく、全身の血のめぐりを良くすることも重要です。

また、脱衣所ではドライヤー、洗い場では温水シャワーを首筋や肩、背中に当てて温めることができます。

ドライヤーは火傷防止のため、患部に近づけ過ぎないようにし、同じ場所に長時間当てないようにするなどの注意が必要なのは言うまでもありません。

温水シャワーは、やや熱めのお湯で水圧を上げて患部に当てると、マッサージ効果も得られます。

また、熱めのお湯とぬるめのお湯を交互に繰り返す方法も、効果的だと考えられます。

交互に繰り返すことにより、筋肉が伸縮を繰り返し血行が促進されるからです。

お風呂でストレッチを行うときの注意点

お風呂の湯船で患部をマッサージする場合は、力を入れ過ぎないよう注意して行う必要があります。

力を入れて押す方が気持ち良いからと、指に力を入れてマッサージする方がいますが、それはやめた方が無難です。

いくら肩こりがひどくても、お湯の中では筋肉が柔らかくなっているため、力を入れて押しすぎるとダメージを与えてしまい、症状が一層悪化してしまう場合があるからです。

いわゆる「もみ返し」というものですが、このもみ返しが起きるようなストレッチのやり方は逆効果といえます。

マッサージは、やさしくゆっくりと行うようにしましょう。

また、洗い場でのストレッチは、寒い冬場は体が冷えないよう注意する必要があります。
さらに、立ち上がってストレッチを行う場合には、濡れた足元に十分注意して滑らないようにしましょう。

お風呂ストレッチは、ゆったりとくつろいだ気分で楽しみながら行うのがコツです。

お風呂やストレッチを続けても肩こりが改善しない場合の対処法

前に説明したように、お風呂で体を温めることや、ストレッチで体をほぐすことは、肩こりの症状を軽減または解消するのに大変役立ちます。

しかし、これらを一定期間続けても症状が改善しない、または、ひどくなってきた場合はどうしたら良いのでしょうか。

その場合は、筋肉の緊張や硬直とは別の原因によって、肩こりが生じている可能性があります。

内臓疾患や循環器、骨の異常などから肩こりの症状が現れていることも考えられるからです。

例えば、肺がんや心筋梗塞など重大な病気が隠れている危険性もあります。

このような場合には、まず整形外科で診察・検査してもらい、その上で医師の指示により、別の専門医に診てもらうなり、必要な治療を受けることが大切です。

自分だけの判断で、体の異常を放置することは絶対に避けなければなりません。

快適ライフに向け、肩こりにさようならをしよう!

肩こりの症状を改善するため、お風呂ストレッチの効果的な方法や注意点について説明してきました。

しかし、肩こりは、前に説明したように悪い姿勢や運動不足、また肥満やストレスなどが原因で生じるものです。

ここで注意すべきは、お風呂の活用やストレッチは、肩こりの症状を改善してゆく、いわば対症療法だということです。

すなわち、元の原因を取り除かなければ、根本的な解決は期待できないのです。

このことを念頭に置き、正しい姿勢を保つことを身につけ、日ごろから運動を行うよう努めることが肝心です。

また、暴飲暴食などの不摂生は極力避け、ストレスを溜めないようゆったりとした気分で過ごす習慣をつけるなど、日々の自己管理をしっかりと行っていくことが最も大切です。

このしっかりとした自己管理を行うことで、「肩こりにさようなら」をし、心身共に快適な生活を過ごしていけるようにしましょう。

 - 肩 痛み