コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

原因と解消法を知って、太ももの外側の張りを改善しよう!

      2018/06/11

原因と解消法を知って、太ももの外側の張りを改善しよう!

体のお悩みは老若男女で様々ですが、「太ももの外側の張りに悩んでいる」という方も意外に多いものです。

太ももの張りは、放置すると腰痛を引き起こす原因にもなる厄介なものです。

そこで今回は、なぜ太ももの外側が張るのかや、その改善・予防策をお伝えします。

簡単にできるストレッチもご紹介するので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


太ももの外側に張りが出る原因は?

多くの人が悩んでいる太ももの外側の張りですが、まずは、その原因は何なのかを探っていきましょう。

太ももの外側が張る原因としては、

・運動不足で筋肉が硬くなっている
・股関節の動きが悪くなっている
・ストレッチをしていても時間が短いため、使った筋肉が硬くなっている

などが考えられます。

それはなぜかと言うと、太ももの外側のお尻付近ある骨「大転子(だいてんし)」が関係しています。

この「大転子」という骨は、大腿骨(だいたいこつ)の一部で、お尻の筋肉が多く付いていることでも有名です。

運動不足だと筋肉は硬くなりますが、ストレッチなどの運動をしていても、その時間が短いと使った筋肉が硬くなってしまいます。

そうなると股関節が動かしにくくなり、硬くなったお尻の筋肉を助けようとして、太ももの外側の筋肉が頑張ります。

そこで、太ももの外側に張りが出てくるのです。

さらに、太ももの外側に張りが出ると、腰痛などの症状が出やすくなります。

そして一度、腰痛の症状が出るとなかなか改善されません。

実は、「腰痛に何年も悩まされ、色々と試しているのに改善されない」という方にも、この太ももの外側に張りが見られます。

太ももの外側が張っている状態では、腰のケアをしてもあまり効果はありません。

それを解消するには、お尻のケアを行うことです。

お尻の筋肉は歩くだけでも使っているので、仕事でよく歩く方は、お尻周りのストレッチが必要です。

歩き方も、太ももの外側に張りが出る原因になる?

先ほど、お尻周りのストレッチが、太ももの外側の張りを取るのに有効とお伝えしました。

しかし、女性の場合、太ももの外側に張りが出るのには、もう一つの理由があります。

それが、「内股歩き」です。

実は、この「内股歩き」にも、大転子周りの筋肉が関わっています。

女性の場合、がに股で歩くわけにはいかないので、内股で歩くことが多くなると思いますが、それでは正しい重心の移動ができず、綺麗な姿勢を保てなくなります。

なぜなら、太ももの外側に体重が乗るからです。

そうなると、太ももの内側の筋肉を使わなくなるためにその筋肉が細くなり、脂肪が付きやすい状態になります。

そして、外側の筋肉は、常に張った状態になり代謝が悪くなります。

さらに、それが血液の流れにも影響して、むくみも出てきてしまいます。

なぜ、内股だと姿勢が悪くなるのでしょうか。

それは以下の方法を試すと理解できます。

①まず、足を肩幅に開き、つま先を合わせて内股で立ち、そのまま背筋を伸ばします。

②つま先を15~30度ほど外側に向けて立ち、背筋を伸ばします。

※②の時、膝でボールを挟むイメージで立つのがコツです。

①と②では、つま先の向きが違うことに気づいたでしょうか。

①ではつま先の向きが内側、②では外側になっていますが、意識してつま先を少し外側に向けると、綺麗な立ち姿になります。

この立ち方は、太ももの脂肪を燃焼させることになるので、女性に特におすすめです。

太ももの外側の張りを取るストレッチ①

では、太ももの外側の張りを取るストレッチをご紹介していきましょう。

太ももの外側が張って、腰痛やむくみなどの症状が出ている方は、ぜひ参考にして下さい。
①まず、あぐらで座ります。

②組んだ時に上になった足を、下の足の内太ももの上に乗せて下さい。

③乗せた上の足を、体の外側へとスライドさせていきます。

※例えば、右足が上になっていれば、左の方向へスライドさせます。

④そのまま、手を体の前に付いて体も前に倒していきます。

⑤「少し痛い」と感じるくらいのところで、30秒ほどキープします。

⑥足を組み替えて、反対の足も同じようにします。

このストレッチをすると、大転子周りの筋肉が刺激されていきます。

もし、体が硬くて上の膝が立ってしまうという方は、無理をせず、倒せる範囲でやってみて下さいね。

はじめのうちはできなくても、続けていくうちにできるようになっていきます。

硬くても諦めず、筋肉を少しずつ柔らかくしていきましょう。

そうすることで、腰痛なども改善されていくはずです。

太ももの外側の張りを取るストレッチ②

引き続き、太ももの外側の張りを取るストレッチのご紹介です。

こちらのストレッチは、先ほどのストレッチで大転子周りを柔らかくしてから行うのがおすすめです。

①足を開いて床に座ります。

※つま先は、天井に向けて、膝はしっかりと伸ばして下さい。

②右のつま先を右手で、左のつま先を左手で掴みます。

※体が硬くてつま先が掴めない方は、膝を曲げてもOKです。

無理のない範囲で、①よりも②を優先して下さい。

③つま先が掴めたら、そのままつま先を同じ方向に倒して下さい。

※右のつま先を外側に倒したら、左のつま先は内側に倒すということです。

この時、つま先だけでなく、股関節から回すようにするのがポイントです。

そうすることで、より深い筋肉が刺激されます。

④つま先の方向を入れ替えます。

⑤この③と④の動きを10回繰り返して下さい。

このストレッチでは、股関節の内外の筋肉のバランスを整える効果が期待できます。

先ほどご紹介したストレッチと交互に(3回程度)行うと、はじめた時の状態よりも柔らかくなっているのが実感できると思います。

もし、変化が感じられなくても、諦めずに2週間ほど続けてみて下さい。

体が慣れれば、必ず筋肉が柔らかくなり、太ももの張りも改善されていきますよ。

生活を見直して、筋肉の張りを予防しよう!

太ももの外側の張りを取るストレッチを2つご紹介したところで、筋肉の張りが体に及ぼす影響についてお話していきます。

筋肉に張りが出るのは、あまり良い状態ではないことは皆さんもご存知だと思います。

筋肉が張るのは、何かしらの症状が出ているか、出始めようとしているサインです。

今回取り上げた「太ももの外側の張り」でも同じことが言えます。

太ももの外側の張りには、大転子周りの筋肉が関係しているので、その筋肉をほぐすストレッチをすることが改善への近道になります。

しかし、長い間、筋肉が張った状態で過ごしていた場合には、ストレッチをしても柔らかくくなるまでに時間が掛かります。

そのため、そうした方は、ストレッチ以外に普段の生活を見直すことも必要です。

例えば、正しい姿勢を知り、できるだけその姿勢を意識しながら過ごしたりすると良いでしょう。

また、整体などで体の歪みを取るのもおすすめです。

体の使い方が良くなれば、自然と体のダメージも減らすことができます。

腰痛などの症状が出る前に、防ぐことも可能になります。

ストレッチを取り入れて、健康的な生活を長く送れるようにしましょう。

ストレッチで筋肉の張りを予防・改善しよう!

今回は、太ももの外側が張る原因と、その改善法についてお伝えしました。

太ももの外側が張ると、腰痛など体の不調につながります。

しかし、ストレッチなどをすることで、太ももの外側の筋肉が張るのを防ぐことができるので、太ももの張りや腰痛に悩まされている方は、ご紹介したストレッチ法を試してみて下さい。

 - マッサージ 整体, 手足 症状, 筋トレ&ストレッチ