コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

捻挫したら病院に行くべき?捻挫後の対処や予防策

      2018/06/13

捻挫したら病院に行くべき?捻挫後の対処や予防策

「あ!」と思ったときにはすでに遅く、足をくじいてしまったことはありませんか?

そして、そのまま放置してしまいがちな捻挫ですが、捻挫ではなく骨折しているケースもあります。

自己判断で放置しては、症状を悪化させることにもなりかねません。

捻挫をしたらすぐに病院に行くべきです。

今回は、捻挫をしてしまう原因から痛みの緩和方法、予防できる食事やストレッチについて、お話します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


捻挫をしたら病院に行くべき?

はじめに、捻挫はどのようなときに起こるのかをお話します。

体にはたくさんの関節があります。

その関節を動かす範囲が限界にきたときや、衝撃などによって損傷が生じるときです。

捻挫は、運動をしていたり、いつもしない動きをしたときに起こりやすいですよね。

みなさんも一度は、足首を捻挫したことがあるのではないでしょうか。

捻挫をしたことがないという方も、捻挫というと足首に起こるイメージが強いですよね。

しかし、足首だけに起こることではありません。

そして、捻挫といってもいろいろな種類があります。

ムチウチやギックリ腰、突き指といった症状も、実は捻挫の部類になります。

関節をくじいたり、ひねってしまうことで捻挫は起こるのです。

私たちは歩いて生活や動作をすることが多いですよね。

そのため、比較的足を捻挫することが多くなることから、捻挫=足首といった印象が強いのかもしれません。

捻挫というと重症のように感じないかもしれませんが、酷い捻挫になると骨にまで影響してきます。

骨折している場合もあるので、自己判断はやめましょう。

また、急な痛みを感じる場合は、捻挫とは異なる問題が起きているかもしれません。

関節の問題ではなくて、筋肉に原因があることもあります。

行くべきか行かざるべきかを考える前に、病院に行って医師に判断してもらいましょう。

なにより早急な処置が大切です。

激しいスポーツの捻挫は病院へ行くべき

では、捻挫をしやすい環境とはどのようなときなのでしょうか。

見ていきましょう。

一般の方に比べて体を酷使している、いわばスポーツ選手は捻挫をしやすい傾向です。

とくにサッカー選手など、怪我とは切っても切れない激しいスポーツならなおさらでしょう。

サッカーはキーパーを除き、足でポールを扱います。

ドリブルから仲間にパスを渡すとき、ゴールに向かってシュートするときなど、足をたくさん使うことが多いですから、必然的に捻挫しやすくなりますよね。

そして、脚幅は広がってがにまたになりやすくなり、足のつま先や外側に体重がかかるため姿勢が悪くなります。

目線が下がりながらもボールに集中するサッカーは、視野が狭くなるいった環境を生み出し、足をくじいてしまうなどの怪我につながるのです。

また、ドリブルをしているときに、相手チームからスライディングタックルを受けたりすると、人間は横からの衝撃に耐える習慣がないため踏ん張ることができません。

踏ん張ることができなくなった体はバランスを崩し、捻挫してしまうということが非常に多いケースです。

サッカー選手が骨折しやすい状況は、ヘディングしたときの着地時にあります。

症状が悪化しないためにも、迅速に処置しなければなりません。

サッカーに限らず、とくに捻挫をしやすいスポーツをしている方は、すぐに病院へ行くべきといえるでしょう。

捻挫をしたときはツボ押し

ここからは、足首の捻挫に効果的なツボをご紹介します。

まずは病院に行くべきですが、一種の緩和方法として取り入れてみてください。

▽丘墟(きゅうきょ)

足の外側の捻挫に効果的なツボです。

外くるぶしの下の窪みが、丘墟になります。

親指のはらを使って、ゆっくりツボを押してみましょう。

押し方のコツは、円を描くように回しながら刺激することです。

捻挫の痛みの緩和はもちろんのこと、坐骨神経痛の痛みや立ちくらみ、痛みや足のむくみやしびれにも効果的ですよ。

痛みや腫れが見られ、熱のある捻挫のときは冷やし、熱が引いた状態で行いましょう。

▽商丘(しょうきゅう)

足の内側の捻挫に効果的なツボです

内くるぶしから少し前斜め下のところにあるツボで、指のはらで押さえると痛いと感じるところです。

商丘のツボは、たくさんの効果があります。

・大腸の不調
・胃弱
・食欲不振
・お腹溜まったガス
・便秘
・手足の冷えの予防
・不妊予防
・乗り物酔い
・吐き気
・全身の倦怠感
・嘔吐
・頭痛

行くべき病院へ行ったら食事を見直そう

続いて、食事についてです。

ここでは、捻挫をしないための体作りが主体になります。

捻挫は、靭帯に損傷が起こることで起きるとお伝えしました。

そのため、靭帯を強化できる食事を摂ることが、予防につながるでしょう。

今回ご紹介する食材は、『クルミ』です。

体に良い栄養素がたくさん含まれていますが、その代表的栄養素ともいえるのがオメガ3脂肪酸です。

このオメガ3脂肪酸は魚から出る油が主ですが、クルミにも含まれています。

良質な油で血液をサラサラにしたり、肝臓系に病気を予防することが注目されています。

肝臓は筋肉との関係性があるため、クルミを食べると痛みや症状の緩和が期待できますよ。

そのまま食していただいても良いですし、もちろん料理も使えます。

チャック付きの袋にクルミを入れて、棒などで細かく砕いていきましょう。

砕いたクルミは生サラダにかけても良いアクセントになりますし、ソースに合わせたりスープの具としてもおすすめです。

捻挫をしてしまったら、まずは病院へ行くべきですが、普段摂取する食事を気にかけることも予防策になります。

また、治療の回復を促進させてくれますよ。

ぜひ、良質な食材を食事に取り入れてみましょう。

簡単にできる捻挫を予防するストレッチ

捻挫をよくしてしまう方は、関節を動かす範囲を広げてみましょう。

ウェイトトレーニングや有酸素運動なども、関節の可動を広げることができます。

そして、これらの運動と併せて行っていただきたいのが、ストレッチです。

これからご紹介するストレッチは筋肉を伸び縮みさせ、動かしながら行います。

ただ伸ばすストレッチとは違い、筋肉を動かすことで神経に良い刺激が加わるストレッチですよ。

■足首を動かすストレッチ

内側のくるぶしと、アキレス腱の間にくぼみがあります。

そのくぼみを太谿(たいけい)といいます。

①左足の太谿のツボを親指で抑えながら、時計まわりに10回足をまわします。

②次に、右足をまわすのですが、反時計まわりで10回まわしましょう。

左右10回1セットとして、1日1セットを目安にしてみてください。

■足の指を動かすストレッチ

①地面に座り、座ったままで脚を伸ばして長座の姿勢になります。

②足の指にちからを入れて、じゃんけんでいうところのグーの形を足で作りましょう。

③グーにしたら、今度は足の指を開くように、パーの形にします。

この動作を10回ほど繰り返し、1日10回1セット行ってみてください。

捻挫をしてしまったら病院へ行くべきですが、なるべくなら捻挫もしたくありませんし、長い治療は避けたいですよね。

こうしたストレッチは、日常のすきま時間でできます。

ぜひ習慣にして、捻挫を予防しましょう。

予防から身を守ろう

捻挫がクセにならないためにも、予防をしっかりと行うことが大切です。

今回ご紹介した予防方法は生活に寄り添ったものばかりですから、無理なく続けられるかと思います。

関節の範囲をストレッチで広げ、食事で靭帯を強化して、辛い捻挫から身を守りましょう。

 - スポーツ 種目別, その他 部位, 手足 症状