コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

捻挫したら病院に行くべき?捻挫後の対処や予防策

      2018/06/13

捻挫したら病院に行くべき?捻挫後の対処や予防策

「あ!」と思ったときにはすでに遅く、足をくじいてしまったことはありませんか?

そして、そのまま放置してしまいがちな捻挫ですが、捻挫ではなく骨折しているケースもあります。

自己判断で放置しては、症状を悪化させることにもなりかねません。

捻挫をしたらすぐに病院に行くべきです。

今回は、捻挫をしてしまう原因から痛みの緩和方法、予防できる食事やストレッチについて、お話します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

血圧が高い大学生が急増?背景を探り、改善策を考えよう!

大学生と言えば、若くて元気なイメージを持つ方も多いでしょ...

臀部筋肉が硬くなると痛みが出る?!ストレッチや食事で解消

座っているときや、座っている状態から立ち上がるときなど、...

実践してみよう!腰痛にならない為の腹筋・背筋の鍛え方!

今や、日本人の約4人に1人が苦しんでいるといわれる腰痛。...

腰痛をどうにかしたい!腹筋の正しい筋トレ方法教えます!

腰痛になる原因の一つに「腹筋が弱いから」と聞いたことはあ...

腰痛を悪化させる?やってはいけない腹筋トレーニングとは?

腰痛を改善するために、腹筋トレーニングに励んでいる方もい...

外反母趾からくる腰痛の改善・予防方法と整体学の関連性

「オシャレは我慢」という言葉がありますね。 オシャレを...

実践すべき腰痛とヘルニアに効果的なマッサージ&ストレッチ

引き起こされる原因は人によって違いますが、腰痛を一度も感...

腰痛がある人にコルセットは有効?寝る時はどうしたらいい?

腰痛がある人ならば、腰痛コルセットを1回は使用したことが...

腰が曲がる原因と予防法をご紹介

腰について、悩みを持っている人は多くいます。 若いうち...

腕の筋肉を鍛えてぜい肉を撃退!脂肪の落とし方はコレだ!

鏡を見ると、いつのまにかついてしまった脂肪。 目につき...

腕への負担を減らして痛みが辛い腱鞘炎を予防しよう!

主婦やデスクワーカーの人は、知らず知らずのうちに手首に負...

腕の付け根の脂肪がなかなか取れない場合どうしたらいい?

腕の付け根の脂肪は、男女問わず気になるものです。 腕の...

美脚が憧れ!下半身の筋肉を鍛えて美しい女性になろう!

「自分の脚が太くて好きになれない」という悩みを持つ女性は...

脇腹や肋骨が痛いときは肋間神経痛かも?その痛みの原因とは

突然、脇腹や肋骨に痛みが生じることがあります。 痛みの...

背骨が痛い原因は一箇所ではない!ストレッチで撃退しよう!

突然ですが、皆さんは、普通に生活していて「背骨が痛い」と...

実は危険な背中の痛み!吐き気を伴うときはさらに注意して!

みなさんは、耐えるに堪えがたい背中の痛みを感じたことはあ...

背中に違和感がある人必見!整体学からその原因を探ろう!

体に感じる違和感と言えば、肩こりや腰痛を挙げる人が多いで...

背中や腰の痛みの原因は?マッサージやツボ指圧で改善?!

しつこい背中や腰の痛みに悩んでいませんか? 生活するう...

背中の痛みが右側に!?この痛みでどんな症状が考えられる?

背中に痛みが現れた場合、痛みの原因は筋肉痛から内臓系まで...

背中に痛みに要注意!ヘルニアの危険性もある!?

背中が張っている、背中が痛いと感じることがありませんか。...

スポンサーリンク


捻挫をしたら病院に行くべき?

はじめに、捻挫はどのようなときに起こるのかをお話します。

体にはたくさんの関節があります。

その関節を動かす範囲が限界にきたときや、衝撃などによって損傷が生じるときです。

捻挫は、運動をしていたり、いつもしない動きをしたときに起こりやすいですよね。

みなさんも一度は、足首を捻挫したことがあるのではないでしょうか。

捻挫をしたことがないという方も、捻挫というと足首に起こるイメージが強いですよね。

しかし、足首だけに起こることではありません。

そして、捻挫といってもいろいろな種類があります。

ムチウチやギックリ腰、突き指といった症状も、実は捻挫の部類になります。

関節をくじいたり、ひねってしまうことで捻挫は起こるのです。

私たちは歩いて生活や動作をすることが多いですよね。

そのため、比較的足を捻挫することが多くなることから、捻挫=足首といった印象が強いのかもしれません。

捻挫というと重症のように感じないかもしれませんが、酷い捻挫になると骨にまで影響してきます。

骨折している場合もあるので、自己判断はやめましょう。

また、急な痛みを感じる場合は、捻挫とは異なる問題が起きているかもしれません。

関節の問題ではなくて、筋肉に原因があることもあります。

行くべきか行かざるべきかを考える前に、病院に行って医師に判断してもらいましょう。

なにより早急な処置が大切です。

激しいスポーツの捻挫は病院へ行くべき

では、捻挫をしやすい環境とはどのようなときなのでしょうか。

見ていきましょう。

一般の方に比べて体を酷使している、いわばスポーツ選手は捻挫をしやすい傾向です。

とくにサッカー選手など、怪我とは切っても切れない激しいスポーツならなおさらでしょう。

サッカーはキーパーを除き、足でポールを扱います。

ドリブルから仲間にパスを渡すとき、ゴールに向かってシュートするときなど、足をたくさん使うことが多いですから、必然的に捻挫しやすくなりますよね。

そして、脚幅は広がってがにまたになりやすくなり、足のつま先や外側に体重がかかるため姿勢が悪くなります。

目線が下がりながらもボールに集中するサッカーは、視野が狭くなるいった環境を生み出し、足をくじいてしまうなどの怪我につながるのです。

また、ドリブルをしているときに、相手チームからスライディングタックルを受けたりすると、人間は横からの衝撃に耐える習慣がないため踏ん張ることができません。

踏ん張ることができなくなった体はバランスを崩し、捻挫してしまうということが非常に多いケースです。

サッカー選手が骨折しやすい状況は、ヘディングしたときの着地時にあります。

症状が悪化しないためにも、迅速に処置しなければなりません。

サッカーに限らず、とくに捻挫をしやすいスポーツをしている方は、すぐに病院へ行くべきといえるでしょう。

捻挫をしたときはツボ押し

ここからは、足首の捻挫に効果的なツボをご紹介します。

まずは病院に行くべきですが、一種の緩和方法として取り入れてみてください。

▽丘墟(きゅうきょ)

足の外側の捻挫に効果的なツボです。

外くるぶしの下の窪みが、丘墟になります。

親指のはらを使って、ゆっくりツボを押してみましょう。

押し方のコツは、円を描くように回しながら刺激することです。

捻挫の痛みの緩和はもちろんのこと、坐骨神経痛の痛みや立ちくらみ、痛みや足のむくみやしびれにも効果的ですよ。

痛みや腫れが見られ、熱のある捻挫のときは冷やし、熱が引いた状態で行いましょう。

▽商丘(しょうきゅう)

足の内側の捻挫に効果的なツボです

内くるぶしから少し前斜め下のところにあるツボで、指のはらで押さえると痛いと感じるところです。

商丘のツボは、たくさんの効果があります。

・大腸の不調
・胃弱
・食欲不振
・お腹溜まったガス
・便秘
・手足の冷えの予防
・不妊予防
・乗り物酔い
・吐き気
・全身の倦怠感
・嘔吐
・頭痛

行くべき病院へ行ったら食事を見直そう

続いて、食事についてです。

ここでは、捻挫をしないための体作りが主体になります。

捻挫は、靭帯に損傷が起こることで起きるとお伝えしました。

そのため、靭帯を強化できる食事を摂ることが、予防につながるでしょう。

今回ご紹介する食材は、『クルミ』です。

体に良い栄養素がたくさん含まれていますが、その代表的栄養素ともいえるのがオメガ3脂肪酸です。

このオメガ3脂肪酸は魚から出る油が主ですが、クルミにも含まれています。

良質な油で血液をサラサラにしたり、肝臓系に病気を予防することが注目されています。

肝臓は筋肉との関係性があるため、クルミを食べると痛みや症状の緩和が期待できますよ。

そのまま食していただいても良いですし、もちろん料理も使えます。

チャック付きの袋にクルミを入れて、棒などで細かく砕いていきましょう。

砕いたクルミは生サラダにかけても良いアクセントになりますし、ソースに合わせたりスープの具としてもおすすめです。

捻挫をしてしまったら、まずは病院へ行くべきですが、普段摂取する食事を気にかけることも予防策になります。

また、治療の回復を促進させてくれますよ。

ぜひ、良質な食材を食事に取り入れてみましょう。

簡単にできる捻挫を予防するストレッチ

捻挫をよくしてしまう方は、関節を動かす範囲を広げてみましょう。

ウェイトトレーニングや有酸素運動なども、関節の可動を広げることができます。

そして、これらの運動と併せて行っていただきたいのが、ストレッチです。

これからご紹介するストレッチは筋肉を伸び縮みさせ、動かしながら行います。

ただ伸ばすストレッチとは違い、筋肉を動かすことで神経に良い刺激が加わるストレッチですよ。

■足首を動かすストレッチ

内側のくるぶしと、アキレス腱の間にくぼみがあります。

そのくぼみを太谿(たいけい)といいます。

①左足の太谿のツボを親指で抑えながら、時計まわりに10回足をまわします。

②次に、右足をまわすのですが、反時計まわりで10回まわしましょう。

左右10回1セットとして、1日1セットを目安にしてみてください。

■足の指を動かすストレッチ

①地面に座り、座ったままで脚を伸ばして長座の姿勢になります。

②足の指にちからを入れて、じゃんけんでいうところのグーの形を足で作りましょう。

③グーにしたら、今度は足の指を開くように、パーの形にします。

この動作を10回ほど繰り返し、1日10回1セット行ってみてください。

捻挫をしてしまったら病院へ行くべきですが、なるべくなら捻挫もしたくありませんし、長い治療は避けたいですよね。

こうしたストレッチは、日常のすきま時間でできます。

ぜひ習慣にして、捻挫を予防しましょう。

予防から身を守ろう

捻挫がクセにならないためにも、予防をしっかりと行うことが大切です。

今回ご紹介した予防方法は生活に寄り添ったものばかりですから、無理なく続けられるかと思います。

関節の範囲をストレッチで広げ、食事で靭帯を強化して、辛い捻挫から身を守りましょう。

 - スポーツ 種目別, その他 部位, 手足 症状