コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

産後の腰痛が辛い!整形外科に通えないときにできることは?

      2018/06/14

産後の腰痛が辛い!整形外科に通えないときにできることは?

産後は、腰痛に悩むかたが、たくさんいらっしゃいます。

いままで腰痛とは無縁であっても、子供を授かり出産したことで腰痛を引き起こしてしまうからです。

なかなか外出が難しい時期のため、整形外科に通うことは容易ではありませんよね。

そんなときは、ご自宅でストレッチをしてみましょう。

日常過ごす姿勢や、食事の内容でも改善されますよ。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


産後は腰痛に注意

妊娠すると女性の身体では、どんなことが起こっているのでしょうか。

十月十日(とつきとうか)、赤ちゃんは子宮のなかで成長していきます。

はじめは数グラムだった赤ちゃんの身体も、生まれるときは2500グラムまで大きくなっていきますよね。

出産とは実に神秘的なことです。

通常であれば骨盤は丈夫で硬く、上部が広くて下部が狭いお椀のような形をしています。

しかし、子供を出産する際にはその準備としてホルモンが働き、そのホルモンの関係で骨盤が緩める方向に働きかけていきます。

産後のお母さんの骨盤は、ゆるゆるな状態というわけです。

そんな状態のときに重い物を持ったり、腰に負担がかかる動作をしてしまうと、腰痛となって痛みが出てきます。

育児に追われるなか、腰痛の痛みに耐えるのは、とても辛いことですよね。

そのため、産後でゆるくなった骨盤を締め、元の状態に戻してあげることが大切なのです。

骨盤を締めて元に戻していくには、骨盤のまわりにある筋肉も鍛えていきましょう。

筋肉を鍛えるというと筋肉トレーニングですが、過剰に行ってしまうと筋肉の柔軟性はなくなってしまいます。

目指すべき筋肉は、弾力のある柔軟な筋肉です。

筋肉量があっても、柔軟性が不足していると身体に負担をかけてしまいます。

現在の症状が悪くなってしまっては、元も子もないですよね。

産後はなかなか整形外科に通って治療することは難しいことでしょう。

そんなときは、自宅で骨盤まわりのストレッチをして、改善していきましょう。

整形外科に通いにくい産後はストレッチで腰痛緩和

では、産後の腰痛に効果的なストレッチの方法をご紹介します。

整形外科に通うことが難しい場合などは、ご自宅でストレッチしましょう。

腰の骨を伸ばしてストレッチし、お尻とお腹の筋肉を柔軟かつ、鍛えていきましょう。

▽腰を上げるストレッチ

①仰向けになります。

両膝を90度に曲げてください。

②①の状態からお尻にちからを入れながら少し上げて維持します。

キープした状態で5秒数えましょう。

③元の状態に戻します。

はじめのうちは5回を目安に行い、慣れてきたら10回を目標にしてみてください。

ポイントは、リズムよくお尻を上げ下ろしすることです。

▽腰を圧迫するストレッチ

①仰向けになり、両膝を90度に曲げます。

②両手を腰の下に当ててください。

③お腹にちからを入れて、腰の下にある手を押し付けます。

この状態で5秒数えましょう。

④5秒数えたら身体電隊のちからを抜きます。

はじめは5回繰り返し、慣れてきたら10回行ってみてください。

腰痛を予防するためにも正しい姿勢を意識しよう

次に、ストレッチと併用していきたい、骨盤矯正ベルトについてお話ししていきます。

矯正というと難しいイメージですが、どなたでもお簡単に使うことができますよ。

産後にゆるくなった骨盤は腰痛をも引き起こします。

骨盤を締めていくには、一番簡単な方法でもありますよ。

ただし、骨盤矯正ベルトだけに頼っていると筋肉は低下し、筋肉の柔軟性も上がらないので、注意してくださいね。

正しい取り付け方や使用方法をよく理解し、必要なときだけ使いましょう。

また、生活していくうえでの動作も意識しましょう。

骨盤に悪影響を与える姿勢や動作は、控えることです。

以下のようなことに、気を付けてきましょう。

・足を閉じる意識をする
・足が開いた状態で座らない
・座っているときに足を組まない

つい楽に感じる姿勢をとってしまいますが、楽であることと、正しい姿勢は必ずしも良い姿勢とはいえないのです。

今後のためにも、悪い姿勢がクセになっているのならば、正す意識を続けてみてください。

座っていても立っているときでも、内側の太ももとお尻を締めることを心がけましょう。

おへそあたりにグッとちからを溜めるイメージです。

道具も必要ありませんし、場所もとらないので簡単に行えます。

長い時間やろうとせず、隙間時間などを利用して、毎日少しずつ続けてみましょう。

すぐに整形外科にかかれないときでも日常生活のなかで改善し、予防していくことが大切なのです。

整形外科だけじゃない!産後は内蔵機能を上げるツボ療法

整形外科に通うほどの治療期間がないときは、ツボ療法はいかがでしょうか。

人の身体には、ツボがあります。

このツボといわれる部分は身体の急所にあたる部分のため、症状を改善する効果が期待できるのです。

簡単な器具を使用して、ツボに刺激していきます。

少しのちからで行うのですが、適格に症状を改善するツボに刺激することが、大きなポイントになることでしょう。

内蔵部分とツボは絡んでいるため、ツボを刺激してみると、どの部分の内臓が疲労しているのかが分かるようになります。

季節によっても内臓機能が低くなる部分が変わります。

その時期に適切なケアをすることことが大切ですよ。

例えば冬から春に出産し、産後に腰痛の症状が出ていれば、春に疲労しやすい内臓機能を上げていきます。

とくに、春の季節は肝臓と胆のうが疲労しやすいのです。

内蔵疲労をツボ療法で改善することによって、腰痛も楽な状態に向かうことでしょう。

ツボは身体の急所の部分のため、「痛い」と感じるところもありますが、痛いと感じるということは内蔵が疲れていることを表しているのです。

整形外科やツボ療法に頼らず食事から改善

産後の身体は、貧血になりやすくなっています。

赤ちゃんを産むとき、お母さんはたくさんの鉄分を子供におくるからです。

鉄分である血が不足して、貧血になるわけですね。

実はこの貧血状態も、腰痛になる原因のひとつであることはご存知でしたでしょうか。

貧血状態になると血液は薄くなります。

すると、酸素や栄養素を全身に滞りなくおくることが難しくなってきます。

血液が薄くなると、身体の代謝にも影響が出てくるのです。

この状態になると疲労がたまり、その疲労を身体の外に出す動きが体内で起こりますが、そのためには多くの血液が必要になります。

疲労物質の排出が正常に働かないと血行不良となって代謝が落ち、やがて筋肉が硬くなることで腰痛となってしまうのです。

このように、貧血と腰痛は深い関係性を持っているため、毎日の食事で鉄分を補給することは大切なことです。

いくら整形外科に通っていても、ツボ療法で改善したとしても、日々の食生活が乱れていては再発してしまう可能性もあります。

貧血改善には鉄分はもちろんのこと、良質なタンパク質やビタミン類が豊富な食べ物を摂取するように心がけましょう。

鉄分はひじき、ビタミン類はホウレンソウやレバーなどに含まれます。

これらを上手に食事で摂り入れ、血行を促進し、代謝を上げましょう。

身体を労わる

待ちに待った我が子との再会。

しかし、辛い腰痛のなか育児をするのは、とても大変です。

まずは、ご自身の身体を労わりましょう。

なかなか外出することが難しい時期のため、ご自宅での簡単なストレッチや、正しい姿勢や栄養のある食事を意識してみましょうね。

 - マッサージ 整体, 女性 お悩み, 腰痛