コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

背中の張りによっては、マッサージよりストレッチが効果的!

      2018/06/17

背中の張りによっては、マッサージよりストレッチが効果的!

背中の張りを感じた時に、マッサージに行く人は多いですよね。

しかし、マッサージでは解消できない背中の張りもあります。

では、その場合は諦めるしかないのでしょうか?

いいえ、ストレッチをすれば背中の張りをほぐすのに効果的です。

今回は、マッサージで解消できない張りが起こる原因と、それを解消するためのストレッチをご紹介します!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


マッサージで解消できない背中の張りは何が原因?

皆さんは、背中に張りを感じた時に、どんな対策を取っていますか?

多くの人はきっと、整体やマッサージの施術を受けるのではないでしょうか。

整体やマッサージはリラックス効果もあるので人気ですよね。

それで張りが解消できれば、何も問題はありません。

しかし、マッサージでは解消できない背中の張りがあることはあまり知られていないように思います。

そもそも、どうしてそこまで強い張りが背中に出てしまうのでしょうか。

大きな理由は、背中が丸くなってしまっていることです。

私たち人間の背骨は、ゆるいカーブを描いたS字になっていて、これが本来あるべき姿です。

しかし、背中が丸まる(猫背になる)と、S字が崩れてしまいます。

つまり、背骨が本来の位置からずれるということです。

私達の体はとてもよくできているので、1ヶ所が不調なだけで、様々な部分に影響が出てきます。

背中が丸くなることで背骨の位置がずれれば、それにつられてその周りの神経や筋肉、骨までもがずれてしまうのです。

この神経や筋肉、骨があるべき位置になければ、体の不調につながるのは必然です。

それが、背中の張りとなって現れるのです。

頑固な背中の張りが起こる原因は他にもある!

マッサージで解消できない頑固な背中の張りが起こる原因は、背中が丸いせいだけではありません。

頑固な背中の張りは、柔軟性が少ないことでも起こるからです。

現代は毎日が目まぐるしく動いています。

仕事や家事・育児で忙しくしていると、疲れます。

しかし、その疲れをその都度解消することは、容易ではありませんよね。

特に、毎日時間に追われて忙しく過ごしていると、疲れがたまったまま次の日を迎え、またそのまま日常を頑張るしかない人も多いことでしょう。

実際に、体のケアが必要だとわかっていても、様々な事情で、時間もお金も掛けられないという人は少なくありません。

しかし、ケアができない状態では、体の筋肉の柔軟性に影響が出やすくなります。

体の柔軟性が不足すると、筋肉の伸び縮みがスムーズにいかなくなり、筋肉の動きが制限されます。

筋肉の伸び縮みがスムーズにいかない(=筋肉を動かしにくい)状態で動けば、やはり体に無理が掛かります。

柔軟性があれば筋肉が動かしやすいので、背中が張りにくいです。

体の柔軟性は背中だけに限ったことではないので、全身の筋肉をしっかりとストレッチすることで背中以外の部分にも良い影響を与えます。

ストレッチを続ければ、体の筋肉が動かしやすくなり、背中の張りも解消されていくでしょう。

背中の張りには内臓も関係している?

ここまで、マッサージで解消できないほど背中が張ってしまう原因についてお伝えしています。

先ほどまでのお話で、

・背中が丸まっていること
・柔軟性がなく筋肉が動かしにくくなっていること

が背中の張りの原因であることが分かりましたね。

実は、もう1つ、意外なところにも原因があります。

それが、「内臓」です。

私達の体は、いくつもの内臓から成り立っていますが、特に背中の張りに関係していると考えられているのが、「肝臓」と「胃」です。

しかしなぜ、「肝臓」と「胃」が、頑固な背中の張りの原因になるのでしょうか。

それぞれの役割から見ていきましょう。

まずは、肝臓です。

肝臓は、体に必要なエネルギーを生産・貯蔵する他に、毒素を分解したり、ストレスを受け止める役割も持っています。

とても重要な働きをしている臓器なので、疲れやすいです。

特に、春になると環境が変わることも多いので、知らず知らずのうちにストレスが溜まっています。

それが肝臓にとっても大きなストレスとなり、肝臓自体の硬化を招きます。

それが原因で、背中にも張りが出てきます。

一方、食べた物を消化する胃は、粥状にした食べ物を、小腸に届けています。

食べ過ぎたり、消化しにくい物を食べたりすると、胃がその消化を頑張らなければなりません。

そして胃も疲労を感じれば、肝臓のように硬くなって腫れてしまいます。

内臓が腫れるのは意外に感じますが、それが原因で背中も張るのです。

内臓をいたわることが、健康につながっていくのですね。

マッサージいらず!自分でできる簡単な背中のストレッチ

では、マッサージで解消できない背中の強い張りを解消するのにおすすめのストレッチ方法を、原因別にご紹介します!

●丸くなった背骨を伸ばすストレッチ

①仰向けで寝て、体でアルファベットのエックスを作ります。

②両手でこぶしを作って、上に伸ばします。

③両方のかかとは遠くに突き出すようにして、エックスの状態で伸ばします。

④腹式呼吸をしていきます。

⑤鼻から吸った息を、ふーっと口から吐くときに、エックスの状態でさらに伸びます。

⑥10回を目安に伸びを続けて下さい。

●背中の柔軟性を高めるストレッチ

①よつんばいになります。

②おへそを覗き込むようにして猫のように丸くなります。

※この時、肩甲骨を外に外に引き離していくのがコツです。

③天井を見上げるように上を向きながら、みぞおちを床に突き出すイメージ、肩甲骨を背骨の中心に寄せていきます。

④これも、10回を目安に繰り返して下さい。

●内臓に効くストレッチ

①うつ伏せの状態で、手をあごの下に置きます。

②両足をしっかりとくっつけて揃え、両膝を曲げます。

③両膝を重ねたら、そのまま右側に倒していきます。

④これを左右交互に、10回を目安に行って下さい。

この3つのストレッチには、

・筋肉や内臓の柔軟性を上げる
・神経や筋肉・骨を正しい位置に戻す

という効果があります。

しかし、ストレッチは続けて始めて効果が出ます。

なぜなら、体の筋肉は慣れている位置に元に戻ろうとするため、間が空けば、すぐにまたずれた位置に戻っていくからです。

体に、筋肉の正しい位置を覚え込ませるためにも、なるべく毎日ストレッチしていきましょう。

マッサージよりストレッチがおすすめな理由とは?

マッサージで解消できない強い張りがある場合には、マッサージよりストレッチがおすすめです。

ですが、そう言われただけでは、納得しにくいですよね。

そこで最後に、マッサージよりストレッチをすすめる理由をご紹介します。

マッサージでは、筋肉をもみほぐすことが多いと思います。

もみほぐしてもらうと、とても気持ちがよくてリラックスできるので、強い張りも解消できるような気がするのは確かです。

しかし、強い張りの場合、施術が終わった後は体がだるくなり、しばらく経つとまた元に戻ってしまいます。

それをなくすには、強く張る原因を取り除くしかありません。

そして、背中の張りを根本から改善するには、ストレッチが欠かせないのです。

また、体の筋肉が動かしにくい状態でもみほぐすと、筋肉の繊維を破壊したり、筋肉をゆるませてしまう場合があります。

筋肉は、動かしている方がよく伸び縮みします。

ストレッチは、筋肉を伸び縮みさせる運動なので、それを続けることで自然と筋肉を柔らかくすることができます。

そうなれば、背中の張りに悩むことも、マッサージに繰り返し通う必要もなくなります。

今の段階で筋肉が動かしにくい人は、ストレッチを始めると筋肉痛が出ると思われますが、筋肉が動かせるようになれば、それもなくなっていきます。

ストレッチで筋肉を柔らかくして、神経や筋肉、骨の位置を正しく戻し、健康な生活を送りましょう。

頑固な背中の張りはストレッチで解消可能!諦めないで!

今回は、マッサージでは解消できない背中の張りが起こる原因についてお伝えしましたが、参考になりましたか?

背中の強い張りに悩み、「マッサージに通っても、なかなか解消できない」という人は、ここでご紹介したストレッチをして様子を見てみて下さい。

諦めずに続ければ、きっと効果が感じられるはずです。

 - マッサージ 整体, 筋トレ&ストレッチ, 背中の痛み