コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

背骨が痛い原因は一箇所ではない!ストレッチで撃退しよう!

      2018/06/20

背骨が痛い原因は一箇所ではない!ストレッチで撃退しよう!

突然ですが、皆さんは、普通に生活していて「背骨が痛い」と感じることはないでしょうか。

もしそうなら、姿勢の悪さが原因である可能性があります。

しかし、姿勢が悪くなる原因は、一箇所だけにあるとは限りません。

全身のストレッチで、悪い姿勢や体の不調を撃退しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


背骨が痛い原因は一箇所とは限らない?

では早速、背骨が痛いと感じる原因を探っていきましょう。

まず、一番に考えられるのが「姿勢の悪さ」です。

この場合の「姿勢の悪さ」とは、俗に言う「猫背」のことです。

人間の体は、とてもよくできているので、どこか一箇所でも何らかの異状があると、それが全身に影響を及ぼします。

姿勢についても同じで、私たちは、皮膚、筋、筋膜、関節などが正しく動くことで、正しい姿勢を保つことができるのです。

しかし、現代はスマホの普及などで猫背になる人が多いです。

猫背になると、正常な姿勢を保てなくなり、姿勢が崩れてしまいます。

そうなると、全身に、だるさや不快感があらわれます。

このような崩れた姿勢を、整体業界では「不良姿勢」と呼んでいますが、その原因はスマホだけではありません。

・運動不足
・無理な姿勢を取り続ける
・同じ姿勢を長時間取り続ける
・バランスの不均衡

など、多岐にわたっています。

私たちは、生活の中で同じ姿勢を繰り返すことで、体に変な癖が付いてしまっています。

たとえ、正しい姿勢を取っていたとしても、それが毎日、長時間続けば、筋肉が緊張して収縮し、やはり体に負担がかかります。

その小さな日々の負担がいつの間にか蓄積され、結果として姿勢の悪さを招いてしまうのです。

そして、不良姿勢が続けば、関節や筋肉が硬くなり、更なる症状も出てきます。

不均衡が発生してしまう原因を探り、改善していくことが、背骨の痛みの解消につながるのです。

背骨が痛い原因は他にもある!

引き続き、「背骨が痛い!」となってしまう原因を見てみましょう。

人間は、進化の過程で二足歩行を始め、それによって、体重を手で支えることがなくなりました。

肩まわりや首、腰の筋肉が弱くなったのは、そのためだと言われています。

しかし、同時に、背中の筋肉や背骨には、大きな負担がかかることになりました。

なぜなら、直立した時に、頭と両腕を肩まわりの筋肉で支えることになったからです。

成人している人間の頭は約5kg、両腕の重さは約8㎏にもなり、かなりの重さです。

これを支えるには、正しい姿勢を取る必要がありますが、人間の体は、少しの癖の積み重ねで簡単に歪んでしまいます。

例えば、

・座りっぱなしで勉強する
・立ちっぱなしで接客をする
・変な姿勢で本を読む
・下を向いてスマホを見る

などがそうです。

そこにストレスが掛かれば、それも肩や腰への負担になっていきます。

ストレスとは、精神的な疲れだけではありません。

運動不足や睡眠不足、食生活の乱れも姿勢に大きく関係します。

こうしたことが毎日押し寄せる現代では、誰しも姿勢が悪くなり、背骨の痛みや肩こり・腰痛に悩んでいます。

それを改善するには、体の使い方を見直すことが重要です。

つまり、「姿勢は一箇所ではなく、全身とつながっている」という認識を持って、ストレッチを行うことが有効なのです。

背骨が一箇所だけ痛い場合の改善法

先ほどまでの内容で、背骨の痛みの原因は一箇所だけではないことが分かりましたね。

また、背骨が痛い場合、体の様々なところにその影響が出ることも多いです。

よく調べてみたら、「肩こりの原因が、実は背骨の痛みだった」ということがよくあるのはこのためです。

では、背骨が一箇所だけ痛い場合に効くストレッチをご紹介しましょう。

背骨の痛みを軽減するには、体全体の筋肉を柔らかくして、筋肉の負担を減らすことです。
お腹の前の筋肉(腹直筋)がうまく機能しないと、前かがみになりやすくなります。

腹直筋と大殿筋を柔らかくして、よい姿勢を保ちましょう。

●腹直筋と大殿筋を柔らかくするストレッチ

①仰向けの状態で寝ます。

②両膝を90度に曲げ、両膝に両手を乗せて背中を丸めます。

③そのまま、両足を床から浮かせ、体重を頭の後ろへ移動させます。

④倒れそうになりますが、前に体重を移動させ、両足を床に戻して下さい。

⑤両足が床に付く直前に、再び後方に体重を移します。

このストレッチを行う際のポイントは、

・肘の角度を変えない
・5~10回反復する

ということです。

こうすることでより、効果が得られます。

また、慣れてきたら少しずつでよいので、回数を増やしていきましょう。

背骨の痛みを予防する歩き方がある?

背骨が痛いと感じる場合、その影響は一箇所だけでなく、多くの部位に広がっています。

ここからは、その予防についてお伝えします。

背骨の痛みは、普段の生活で付いてしまった体の癖にあります。

例えば、いつも同じ肩にばかりカバンを掛けたり、いつも足を組んで座ったりすることで歪んでいきます。

また、歩き方も影響します。

歩くことを意識していても、正しい歩き方ができていないと逆効果だからです。

歩くときには、やや大股で、足を前に出すときにお尻と力を入れて歩くのが理想的です。

大股で歩くことを意識をすると腰が反ってしまうので、大殿筋を意識して歩くのがコツです。

また、出した足を床に付けるときは、かかとから付けるようにして下さい。

ハイヒールを履いている女性は、つま先から付く癖がついているので、はじめは難しいでしょうが、スニーカーで歩く練習をすれば、できるようになっていきます。

胸の真ん中を前に突き出すようにし、手も前後にしっかりと振りましょう。

正しい姿勢で肘を伸ばして振ると、

・お尻が上がる
・二の腕のたるみを防ぐ

という効果も期待できますよ。

体の癖は誰もが持っているものですが、自分がどんな風に体を使っているかを知ることで、その癖に気づくことができます。

その結果、背骨の痛みが予防でき、全身の不調を防ぐことにつながります。

一箇所のストレッチで背骨の痛みは予防できる!

ここまで、背骨の痛みの原因と、改善・予防のためのストレッチをご紹介しました。

背骨が痛い原因には複数の要因がありますが、その痛みを予防・軽減するのは、一箇所のストレッチで十分可能です。

最後は、「もも裏の筋肉を伸ばすストレッチ」をご紹介します。

●もも裏の筋肉を伸ばすストレッチ

もも裏の筋肉が硬くなってうまく機能しなくなると、背中に負担がかかり、膝が曲がりやすくなります。

このストレッチで、股関節を動きやすくし、骨盤を正しい状態に整えましょう。

①前後に大きく足を広げます。

②右足のつま先を天井に向けて右足を前に(できるだけまっすぐ)伸ばします。

③左足は膝を付けて、足の甲を地面につけて左足を後ろに伸ばしましょう。

※両ひざとも曲がらず伸びた状態を意識するとストレッチの効果が高まります)

③そのまま、30秒~1分キープして下さい。

④足を入れかえて、左足も同様に行います。

⑤再び、30秒~1分間キープしましょう。

もし、地面に膝を付けるのが痛い人は、膝下にタオルを敷くとやりやすいです。

もも裏の筋肉がしっかり伸びないと、膝や股関節の柔軟性に悪い影響を与えるので、しっかり伸ばしておきましょう。

背中の痛みは全身に影響!ストレッチで予防しよう!

今回は、背骨の痛みの原因やその予防法について、ご紹介しました。

背骨の痛みが出る原因や、症状が出る部位は様々ですが、ストレッチで改善することはできます。

ご紹介したストレッチをして、姿勢をよくし、全身の痛みを軽減・予防していきましょう!

 - 筋トレ&ストレッチ, 背中の痛み