コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

腕の付け根の脂肪がなかなか取れない場合どうしたらいい?

      2018/06/21

腕の付け根の脂肪がなかなか取れない場合どうしたらいい?

腕の付け根の脂肪は、男女問わず気になるものです。

腕の筋肉トレーニングを行っているという人もいるのではないでしょうか。

しかし、腕の付け根をすっきりさせるためには、トレーニングだけでは解決しないかもしれません。

実は、筋肉のやわらかさも脂肪の燃焼には大切な要素なんですよ。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


腕の付け根に脂肪がつくのはなぜ?

腕の付け根というと、女性は二の腕を思い浮べるのではないでしょうか。

夏になり、露出が多い服装になると、二の腕のたぷたぷした脂肪が気になりますよね。

一方、男性にとって腕の付け根というと、力こぶといわれる上腕二頭筋が気になりますよね。

上腕二頭筋にしっかり筋肉が付いていると、男性らしさをアピールできます。

腕の付け根の脂肪を落とすために、皆さんがよく行うのは筋肉トレーニングです。

筋肉トレーニングをしっかり行って筋力が上がると、体の基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすくなります。

特に男性は、筋肉をつけるためのトレーニングを行えば、上腕二頭筋は隆々とします。

しかし、筋肉トレーニングを行いすぎると、見た目は筋肉がつくのですが筋肉の柔軟性が低くなってしまいます。

筋肉が硬くなると、体が疲れやすくなり怪我もしやすくなります。

もちろん、筋肉トレーニングが悪いというわけではありません。

トレーニングによって理想の体を手に入れたという人もいるでしょう。

しかしおすすめなのは、筋肉のストレッチです。

筋肉は、筋肉トレーニングよりもストレッチで柔軟にした方が、脂肪を燃焼しやすいのです。

イメージとしては、ストレッチで余分な部分を削るという感じです。

筋肉がやわらかくなると、疲れにくくなり怪我をしづらくなります。

しかも、ストレッチは特別な道具が必要ではありませんので、筋肉トレーニングよりも始めやすいです。

まずは、腕の付け根の筋肉をやわらかくすることを意識しましょう。

腕の付け根には肩甲骨が関係している

腕の付け根に脂肪がつくと「腕を鍛えよう」と考えます。

しかし、実は腕に脂肪がつくのは肩甲骨が関係しているのです。

肩甲骨の周りには、首・肩・背中の筋肉などのさまざまな筋肉が付いています。

首・肩・背中のどれかひとつの筋肉でも硬くなってしまうと、肩甲骨の動きは悪くなります。

動きが悪くなると、筋肉が衰えて脂肪が溜まりやすくなります。

肩甲骨と腕は別々の部位のように思えますが、筋肉でつながっているため腕の付け根にも関係してくるのです。

ストレッチで肩甲骨周りをほぐせば、腕の付け根の筋肉もやわらかくなります。

筋肉をやわらかくして脂肪を燃焼しやすい体にすることが大切です。

さらに、肩甲骨の内側には刺激すると代謝を上げてくれる細胞がくっついています。

その細胞を刺激し、代謝を上げて脂肪を燃焼しやすくしましょう。

また、肩甲骨の周りの筋肉は、肋骨までくっついている筋肉や首から腰までくっついている筋肉もあります。

肩甲骨周りの筋肉をやわらかくすることは、体全体にも関わってくるのです。

肩甲骨の動きをしなやかに、柔らかくしておくことは、日々の生活においても体の負担を和らげます。

スポーツをやっているのであれば、パフォーマンスが向上し怪我もしづらくなります。

腕の付け根の脂肪をストレッチで落とそう

肩甲骨周りの筋肉をやわらかくすることが、腕の付け根にも大きな影響を与えることがわかりましたね。

肩甲骨のストレッチを行ってみましょう。

しかし、本来ストレッチは気になるところだけを行えば良いわけではありません。

肩甲骨だけやわらかくしても、ほかの部分が硬いと結局体には負担がかかります。

ストレッチを行うのであれば、出来るだけ全身の筋肉をやわらかくすることを考えましょう。

全体的に筋肉がやわらかくなれば、それぞれの部分への負担を分散することが出来ます。

しかし、いきなり全身のストレッチを始めるのは大変です。

まずは気になる部分のストレッチから始めてみましょう。

簡単にできる肩甲骨のストレッチをご紹介します。

☆肩甲骨のストレッチ

①しっかりと背筋を伸ばします。

このとき、立っていてもイスに座っていてもどちらでも大丈夫です。

②右腕を背中側に伸ばします。

痛みの出ないギリギリまで下げてください。

③そのまま腕を上に上げてください。

これも痛みが出ない程度にします。

④自分の限界の位置で腕を止め、手のひらを左右に10回ひねります。

⑤ゆっくりと右腕を戻し、左腕を同様に行います。

手が空いたときに、仕事の合間に出来るストレッチです。

まずは簡単なストレッチから始めて、筋肉をやわらかくしていきましょう。

それが脂肪の燃焼につながるはずです。

ストレッチの注意点

先ほど、ストレッチは部分的に行うのではなく、全身で行うことが必要だとお話ししました。

部分的なストレッチだけでは、脂肪を燃焼することは容易ではありません。

しかし、いきなり本格的なストレッチを行うのは体にも負担がかかります。

また、体のやわらかさは個人差があります。

それぞれの体に合わせて、徐々にストレッチの強度を上げていきましょう。

肩甲骨や腕の付け根のストレッチに関わらず、ストレッチを行ううえで注意してほしい点があります。

まず、ストレッチで最も行ってはいけないことは反動をつけてストレッチをすることです

これは、ストレッチにならず怪我のリスクが高まります。

筋肉にやさしい刺激を与えることを意識し、ストレッチはゆっくりとじっくりと行ってください。

また、痛みを感じるほどのストレッチはやめてください。

ストレッチの目的は疲れにくくやわらかい体を作ることです。

痛みを感じるほどストレッチを行うことはありません。

筋肉を刺激するというイメージで行います。

それから、ストレッチは筋肉トレーニングと同様に筋肉を意識して行ってください。

流れ作業のようにストレッチを行わないでください。

適当にストレッチをしても筋肉に刺激は届きません。

ストレッチは簡単にできるものがたくさんありますが、正しいやり方でやらなければ効果も半減してしまいます。

ぜひ、ストレッチの質も重視してくださいね。

無駄な脂肪をつけないための食事

最後に、脂肪を付けないための食事についてお話しします。

腕の付け根の脂肪を落としたい、と思ったときは筋肉トレーニングやストレッチなどを意識することが多いと思います。

しかし、体の中からのアプローチも大切です。

筋肉の状態を調整しているのは内臓です。

外側からの刺激も大切ですが、内側もしっかり整えてあげましょう。

食事で気を付けてほしいポイントは簡単です。

季節の旬のものを食べるということです。

日本には四季がありますので、それぞれの季節には旬の食べ物があります。

旬の食べ物はエネルギーにあふれています。

東洋医学の考え方ですと、

春:酸っぱい食べ物と緑色の食べ物
夏:苦い食べ物と赤色の食べ物
秋:辛い食べ物と白色の食べ物
冬:塩辛い食べ物と黒い食べ物

を取り入れると良いとされています。

季節の旬の食べ物を食べると、内臓が疲れにくくなります。

ストレッチとあわせて食事にも気を遣うことで、筋肉も内臓も疲れにくい体を目指しましょう。

一部分だけでなく全体を整える

腕の付け根に限らず、筋肉のストレッチは全身に大きな影響を与えます。

この一部分だけ鍛えたい、痩せたい、というよりも全身にアプローチすることを考えましょう。

その方が、全体のバランスが取れて美しい体になります。

まずは簡単なストレッチから始めてみませんか。

 - その他 部位, 女性 お悩み