コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

骨盤矯正効果は!?適したクッションでデスクワークを楽に!

      2018/06/27

骨盤矯正効果は!?適したクッションでデスクワークを楽に!

オフィスで座っている時の、あなたの姿勢を思い出してみてください。

背中が丸まって、猫背になっていませんか。

特に、デスクワークで座っていることが多い人は、常に正しい姿勢を保持するのは、意識をしていないと困難ですよね。

そこで、座るだけで正しい姿勢をサポートしてくれる便利な「骨盤矯正クッション」に人気が集まっています。

今回は、骨盤についての知識を深めつつ、デスクワーク向けのクッションを選ぶポイントについてお話します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


骨盤矯正の目的

実際に一日中デスクワークをしていると、姿勢が崩れ、次第に骨盤や腰、お尻の辺りが痛くなってきます。

その対策として、オフィスでクッションを使っている人もいるでしょう。

姿勢の崩れ=骨盤の歪み、と言われていますよね。

最初に、骨盤の構造について知っておきましょう。

骨盤とは、胴体の最も下に大きく広がっている骨のことです。

自分でも触って簡単に確認することができますよね。

腸、膀胱、子宮などの大切な臓器を覆っているような形状をしています。

女性の骨盤は大切な子宮を保護し、出産の際には広がりやすいように、男性よりも横幅のある作りになっています。

人間の体は本当に良くできていますよね。

その大事な骨盤が歪んでしまうと、脊柱がバランスを失い崩れてしまいます。

骨盤はまさに体の土台なのです。

グラついた土台では、立つことも座ることも不安定になりますよね。

その状態が続くことで、疲れなどの不調を引き起こす原因となるのです。

骨盤の歪みの原因となりやすいのが、仙骨と腸骨の間にある仙腸関節です。

仙腸関節がほんの少しでもずれると、色々な弊害がでてきます。

例えば、お尻の坐骨の位置が変わったり、恥骨の位置が変わり膀胱機能が低下、足の長さが違ってくる、背骨が前後左右に倒れてしまうなどです。

上半身においては、肩の高さが変わったり、頭の傾きも変わってきます。

このように、骨盤の歪みは全身へと伝わり、バランスを乱して様々な不調を引き起こすのです。

このずれを改善することが、骨盤矯正の目的となります。

骨盤矯正によって得られる効果とは

デスクワークの人は、クッションなどで姿勢をサポートするなど、努力をしていますよね。

しかし、骨盤の歪みは日々少しずつ起こってしまいがちです。

自分の体にあきらかな変化を感じると「骨盤矯正に行ってみようかな」と思うでしょう。

骨盤矯正を行うと、体にはどんなメリットが起こるのでしょうか。

骨盤矯正によって仙腸関節のずれを戻すと、

☆腰痛改善

骨盤が前傾すると腰が反り、日常生活での負担が大きくなってしまいます。

骨盤の歪みを改善し、背骨がきれいなS字を描くようにしてあげることで腰への負担が減り、腰痛改善に期待できます。

☆肩こり解消

背骨が正しく並ぶことで、肩や肩甲骨の可動域が広がり血行が良くなります。

☆ぽっこりお腹の解消やダイエット効果

骨盤が安定すると背筋が伸び、胸郭も上がり、お腹が引き上げられます。

骨盤が歪んでいる状態では血行が悪くなり、代謝が上がらない状態となっています。

つまり、脂肪が燃焼しにくいのです。

骨盤の歪みを改善することで、代謝がアップしダイエット効果が期待できます。

☆下半身が細くなる

骨盤の歪みが改善されることで、下半身の血流が良くなります。

下半身太りの原因の脂肪の燃焼や、むくみを改善することが期待できます。

☆便秘や生理痛の改善

臓器の活動が正常に戻ることにより、改善されやすくなります。

以上のように骨盤矯正によって、誰もが一つは持っているような悩みの改善が期待できるのです。

デスクワークにはクッションを使うべき!やってはいけない姿勢

骨盤が歪んでしまう原因について、詳しくご存知ですか。

いくつか例をあげると、

・姿勢が悪い
・筋肉量の低下
・常に左右に偏って体重をかけている
・猫背になっている
・出産

となります。

デスクワークでクッションなどを使用せずに、長時間低い位置の画面を見下ろしている人は要注意です。

骨盤が歪んでしまう一番の原因は、直接骨盤に影響しやすい座り姿勢だからです。

そこで、ついついやってしまいがちですが、やってはいけない姿勢についてご紹介します。

☆脚を組んで座る

☆左右どちらか片方に体重をかける

例えば、片方のアームレストに寄り掛かったり、片肘をついて顎を乗せてしまったり、片方の腕や肩で重い荷物を持ってしまうことです。

☆股関節の過剰な開閉

がに股や内股で、歩いたり座ったりしてしまうことです。

☆猫背

背もたれに寄り掛かってしまったり、腰を丸めて座ってしまう場合です。

☆横寝の姿勢

横寝をする時に、下にする側がいつも同じ場合です。

以上のような癖がある人は、骨盤の歪みが生じている可能性があります。

この機会に自分の日常生活を思い返し、骨盤の歪みを招く姿勢をしていたら改善するように心がけましょう。

次は、骨盤矯正効果を高めてくれる、デスクワーク向けのクッションを選ぶポイントについてお話します。

骨盤矯正効果を高めるデスクワーク向けクッションを選ぶポイント

骨盤矯正とは、骨盤の左右前後の歪みを正し、本来あるべき状態へと整えていくことです。

骨盤矯正というと、整体院などで整体師さんにお願いしてやってもらうイメージが強くはありませんか。

むしろ自分では手が届かなかったりして、できないと思いますよね。

しかし、自分でも簡単にできることがあります。

それは姿勢正しく座ることです。

とはいっても、何にも頼らずに正しい姿勢をキープするのは、デスクワークのような長い時間座り続けなければいけない人にとっては難しいですよね。

それをサポートしてくれるのが、骨盤矯正効果も期待できるクッションなのです。

使い方は簡単で、クッションを敷いて座るだけです。

ですから、どなたでもすぐに使うことができます。

大きく分けると、お尻に敷くだけの座布団タイプと、背もたれ一体型タイプがあります。

<座布団タイプの特徴>

・値段が安いものが多いので手に入れやすい
・持ち運びしやすい
・太ももの外側が盛り上がっているデザインなので股が自然と閉じやすく、足を組みづらくなる
・お尻を乗せる部分がくぼんでいるので、骨盤の内側前方に重心を乗せやすい
・暖かさを感じる素材が使われているので、冷え防止にもなる
・背もたれがなく、長時間座っていると上半身が疲れてきて、骨盤が後ろに倒れてしまう可能性がある

<背もたれ一体型タイプの特徴>

・値段が座布団タイプよりも高め
・背もたれがあることで、背骨の形が崩れない
・理想的な座り姿勢になるので、長い時間座っていても疲れを感じない

以上のような特徴を考慮したうえで、自分に適したクッションを選びましょう。

快適にデスクワークするにはクッションとストレッチを併用する

デスクワークの際にクッションを使っていても、それだけでは本当の意味での骨盤矯正にはなりません。

これからご紹介する、骨盤矯正に効果が期待できるストレッチ方法も実践しましょう。

3つのストレッチを各1分ずつ行うだけなので、入浴後や寝る前にサッと行うことができますよ。

☆前太もものストレッチ

①横向きに寝て、両膝を手で押さえます。

②卍字状になるように、両脚を直角に曲げます。

③上側の足を同じ側の手でつかみます。

下側の膝も同じ側の手で押さえましょう。

呼吸は止めないで30秒を目安に、お腹とお尻に力を入れて伸ばしましょう。

④片足ずつ交互に行います。

☆お尻のストレッチ

デスクワークなどで座りっぱなしや、反対に立ちっぱなしの人は、お尻の筋肉が緊張することで骨盤が歪みやすくなるので注意しましょう。

①床に仰向けになります。

②右足のかかとを左膝の上に乗せます。

③左手で右膝を持ち、左肩の方に向けて引きます。

ポイントは、右足のかかとが左膝から離れないようにして行うことです。

④30秒間伸ばし、左右行いましょう。

☆外太もものストレッチ

①床に仰向けに寝ます。

②片方の足を伸ばします。

反対の足を組むようにして、伸ばした方の足の外側へおきましょう。

③伸ばしているほうの足を可能な限り内側に入れましょう。

体が傾かないように気をつけながら、30秒を目安に左右のストレッチを行いましょう。

クッションなどのアイテムを活用しよう

いかがでしたか。

骨盤は日常生活のちょっとした癖などで歪みが出てしまう、非常にデリケートな場所です。

骨盤矯正のポイントは、仙腸関節のずれを無くすことです。

デスクワークで長い時間座り続けなければいけない人は、仙腸関節のずれを無くして正しい姿勢を保持するためにも、クッションなどのアイテムを有効活用しましょう。

 - 症状・目的別