コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

整骨院と整体院はどう違う?肩こりの原因や対処法もご紹介!

      2018/06/11

整骨院と整体院はどう違う?肩こりの原因や対処法もご紹介!

肩こりに悩む人は多いですよね。

それを少しでも軽減させたいと思い、整骨院や整体院を探している人もいるのではないでしょうか。

しかし、この2つの違いをご存知でしょうか。

今回は、整骨院と整体院がどう違うのか、また、肩こりの原因や対処法にはどんなものがあるのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


整骨院とはどんなところ?

肩こりに悩む人が通うところと言えば、よく挙げられるのが「整骨院」です。

しかし、「整骨院」の定義については、通っている人であってもあまりよく知らないというのが実情ではないでしょうか。

ここでは、まず、整骨院がどんなところなのかについて見ていきます。

「整骨院」は、「柔道整復師」が、捻挫や打撲などをした患者に治療を行うところです。

他に、骨折や関節を脱臼した際に、応急処置としてのテーピングや電気治療なども行います。

そのため、「接骨院」や「ほねつぎ」とも呼ばれますね。

こうした看板、一度は見たことがあるでしょう。

整骨院を開くには、保健所に登録することが必要となっています。

そして、整骨院で整体師として患者に施術をするには、「柔道整復師」の国家資格が必要です。

もちろん、按摩師、鍼灸師なども一緒に働いていたりもしますが、それらの職種と同じく、専門的な知識をつけることが求められるのです。

そして、整骨院にかかった場合の費用ですが、健康保険が適用されるものとされないものがあるので、施術を受ける際には注意が必要です。

例えば、肩こりや腰痛などがあり、その治療のために電気治療(あるいは整体)を行なった場合には保険が適用されることが多いようです。

心配であれば、事前に保険が適用されるのかをしっかり確認しましょう。

「柔道整復師」は整骨院でしか働けないの?

このように、「整骨院」では、「柔道整復師」によって、骨折・脱臼・捻挫・打撲などの治療が行われています。

また、肩こりや腰痛についても、整復・固定を行い、その人の治癒能力を引き出すという治療をしています。

そして、「整体」ではなく、「手技」や「補助器具」を使うというのがポイントです。

ここで、「柔道整復師」について、もう少し詳しく見ていきましょう。

「柔道整復師」として働くには、国家試験に合格することが必要です。

「柔道整復師」の資格を取るには、

①厚生労働省が認めた養成施設で学ぶ(3年間)

または

②文部科学省指定の4年制大学に通う

という方法があります。

そして、②の場合、基礎系科目と臨床系専門科目を履修することになります。

①も②も、卒業時に国家試験(財団法人柔道整復研修試験財団が主催)の受験資格が与えられ、それを受けて、合格することで「柔道整復師」(厚生労働大臣免許)を名乗ることができるのです。

また、柔道整復師の資格を取った後は、自分の整骨院を開業する人が多いです。

それは、一部とはいえ、治療に健康保険が使えるというのが大きく影響しているのでしょう。

しかし、整骨院でしか働けないわけではありません。

資格があれば、働く場所は他にもあります。

例えば、

・病院
・介護施設
・スポーツ施設

などがあり、整形外科のリハビリ担当として病院に勤務している柔道整復師も多くいます。

「整骨院」とよく似ている「整体院」とは?

先ほどまでの章で、「整骨院」がどんなところなのかについてはお分かり頂けたと思います。

しかし、よく似たものに「整体院」もありますよね。

では、「整体院」とはどのようなものなのか、見ていきましょう。

「整体院」とは、文字通り、「整体」を行うところです。

整体院は、開設にあたって保健所の登録などは必要ありません。

また、整体に関する資格は民間団体や個人の整体師が独自の基準で認定しているもので、国家資格ではありません。

また、そうした民間資格を持つスタッフを雇えば、開設者には資格がなくても整体院を開くことは可能です。

この点が、先ほどの整骨院とは大きく異なりますね。

そして分かりにくいのが、「整体」という言葉に多くの意味があることです。

日本では一般的に、手による技術(手技)を使った民間の医療(代替医療)を「整体」と言います。

つまり、手で行なえる範囲で、手や補助する器具を使って、患者の不調に対して施術をします。

例えば、骨盤のゆがみを取って腰痛を緩和したり、肩甲骨や手足の骨格のゆがみを調整して肩こりを緩和したりなどです。

しかし、「整体院」でこれらの施術を受けた場合、国家資格ではないため、健康保険は適用されません。

治療と言うよりも、癒しやリラクゼーションとして行われることが多いので、保険の適用についても、治療を目的とする「接骨院」とは異なっているのです。

肩こりになる原因にはどんなものがある?

「接骨院」と「整体院」の違いが分かったところで、今度は、肩こりの原因について見ていきましょう。

日本人の多くが悩んでいるとされる体の不調が「肩こり」です。

この肩こりがあるために、「接骨院」や「整体院」が必要とされているのです。

なぜ、肩こりが起こるのでしょうか。

それには、以下の原因があります。

・長時間同じ姿勢をとっている
・慢性的な運動不足
・眼精疲労
・自律神経の乱れ
・生活の中で感じるストレス

まず、私たち現代人は、移動や仕事、勉強などで長時間同じ姿勢を取り続けることが多いです。

そうなると、肩や首の筋肉が緊張してこわばり、肩こりの症状が出てしまいます。

その一方で、運動する時間や機会はなかなか取れないものですよね。

仕事や勉強、家事などに追われていると、運動することがないので、こってしまった筋肉はほぐれることがありません。

そのため、血行が悪くなり、余計に筋肉が緊張し筋肉疲労しやすくなります。

さらに、現代は、スマホやパソコンの普及によって、長時間、目を酷使しています。

すると目の症状が出るだけでなく、肩こりを悪化させることにも繋がります。

また、クーラーの効きすぎで筋肉が緊張することでも自律神経が乱れ、肩こりが起こりやすくなります。

そして、忘れてはならないのが、ストレスが原因の肩こりです。

人間は、精神的・肉艇的にストレスを受けると、自律神経が活発に働き、乱れます。

そうなると肩の筋肉が緊張し、こってしまうのです。

仕事では、連日ストレスにさらされるので、肩こりが慢性化しがちです。

肩こりを感じたら、日常生活に支障をきたす前に「整骨院」や「整体院」で施術を受けましょう。

病気が原因の肩こりは、整体よりも病院へ!

一方で、病気が原因の肩こりもあります。

肩こりの症状が出る病気には、

・四十肩・五十肩
・更年期障害
・変形性頸椎症
・高血圧症・低血圧症
・狭心症・心筋梗塞

などがあります。

四十肩・五十肩は、肩関節の周りが炎症を起こすものです。

そのため、正式には「肩関節周囲炎」と言います。

痛みがあるため、腕が動かせなくなりますが、肩を動かすことで1年ほどで回復します。

更年期障害は、閉経前後の10年間ほど、女性に見られるものです。

ホルモンバランスが急に変わるため、だるさやイライラするといった症状が有名ですが、肩こりも出ます。

変形性頸椎症は、首にある椎間板が変形することが原因で起こります。

椎間板に弾力がなくなると、椎間板に触れている椎骨がトゲ状になります。

このトゲ状の椎骨が脊髄神経を圧迫し、首や肩だけでなく、腕にも痛みや凝り、痺れを感じさせるので、この症状が出たら、病院に行きましょう。

続いて、高血圧症・低血圧症です。

これは自覚症状があまりないため、単なる肩こりだと思って放置しがちですが危険です。

高血圧症(最大血圧が常に140mmHg以上、最低血圧が常に90mmHg以上)の場合は、肩こりに加えて、動悸・息切れが見られます。

また、低血圧症(最大血圧が常に100mmHg未満)では、怠さ・手足の冷えが加わります。

そして、恐ろしいのが、狭心症・心筋梗塞によって引き起こされる肩こりです。

狭心症・心筋梗塞の原因は動脈硬化で、狭心症の発作は数分ですが、胸が締め付けられるような痛みがあり、左肩も痛みます。

心筋梗塞の発作はさらに強い痛みが、胸と左肩を襲い、息ができなくなります。

こうした症状に心当たりのある人は、整骨院や整体院ではなく病院へ行きましょう。

整体いらず!簡単にできる肩こりの予防法は?

慢性的な肩こりに悩む人は、インドメタシン配合の湿布薬やイブプロフェンが入った内服薬を使うこともありますよね。

しかし、それでは根本的な解決にはなりませんよね。

そこで、日常生活が原因で起こる肩こりの改善方法をご紹介します。

・血行促進(運動)
・首や肩を温める
・姿勢を正す
・整体に行く

まずは、血行促進のために、運動をしましょう。

ウォーキングやストレッチ、ラジオ体操といった全身の筋肉を使うものがおすすすめです。

また、首や肩を温めるには2つの方法があります。

①蒸しタオルやカイロを使う

冷えると、首の筋肉が緊張し肩が凝ります。

蒸したタオルなどを使って温めましょう。

②お風呂

肩に、42℃のお湯と20℃の水を交互にかけたり、40℃のお湯にゆっくり浸かると効果があります。

そして、姿勢を正すことも重要です。

長時間のデスクワークでは、1時間に数回、休憩を入れて伸びをしましょう。

パソコンを使うなら、画面との距離を40cm以上離して、背筋を伸ばして深く椅子に座ると、正しい姿勢を維持しやすいでしょう。

もちろん、整骨院や整体院でのマッサージもおすすめです。

その際は痛みが出ないように、擦る・軽く押す・揉むくらいにしてもらいましょう。

しかし、これらの方法を試しても肩こりが改善されなかったり、痛みがひどくなった場合には、何か大きな病気があるかもしれません。

速やかに病院を受診して下さい。

整骨院や整体で改善しなければ病院へ!

この記事で、「整骨院」と「整体院」の2つの違いが分かりましたね。

整骨院で働くには、国家資格が必要で、一部の治療には保険が適用されます。

また、肩こりにも、生活習慣が原因のものと他の病気が原因のものの2種類があります。

ご紹介した肩こり改善方法で良くならなければ、病気が隠れている可能性があります。

その場合は、整体では治療できないので、お近くの病院で診てもらって下さい。

 - ジャンル別, マッサージ 整体