コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

頭痛の原因と予防法を知って、毎日朝から元気に過ごそう!

      2018/06/13

頭痛の原因と予防法を知って、毎日朝から元気に過ごそう!

皆さんは、毎日、朝起きた時に頭痛に襲われることはありませんか?

朝から頭痛がするのは、とても辛いですよね。

今回は、朝に起こる頭痛の原因とその予防法をお伝えします。

また、病院を受診するべき危険な頭痛についてもご紹介しているので、ぜひ、最後まで読んでみて下さい!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


毎日、朝に起こる頭痛の分類

毎日、朝起きたときに頭痛の症状があるという人は多いようです。

その場合、頭の痛み方によっていくつかに分類されます。

では、1つずつご紹介しましょう。

まず、1つ目が、「片頭痛」と呼ばれる頭痛です。

これは、脳血管の拡張による炎症によって起こるとされており、食べ物などの影響で悪化することも多少あるようです。

もう1つが「緊張型頭痛」と呼ばれる頭痛で、筋肉のこりが原因であることが多いようです。

その場合、締め付けられるような痛みが出るのが特徴です。

さらに、「群発性頭痛」という型の頭痛もあります。

この場合は、ストレスが主な原因であると言われています。

もちろん、頭痛が起こる原因はこれ以外にもあります。

体質に加えて、不規則な生活やストレスなど複数の要因が重なって起こることもあります。
日々のスタートである朝から頭痛がするのでは、1日を有意義に使うことも難しくなります。

強い痛みは、「何かをやろう」という気力すら削いでいきます。

しかし、これをすると頭痛が起こるといったパターンは、自分で気づくことができるので、それを認識すれば、対策を始めることができます。

例えば、肩こりの自覚がある人は、寝る前に肩のこりをほぐしてから寝たりすれば、少しは改善されるのではないでしょうか。

とは言え、根本的に治して朝から快適に過ごしたいですよね。

その声にお応えして、次では、それぞれの頭痛の予防法について見ていきます。

毎日朝に起こる頭痛の予防法は?

頭痛に様々な種類があるのは、先ほどの説明でお分かりいただけたことでしょう。

続いては、朝に起こる頭痛を予防する方法です。

毎日、起きたら頭痛がするのでは、寝て朝がくるのが憂鬱になってしまいますよね。

朝に頭痛がする人は、多くの場合、睡眠の質が良くないことがあるようです。

そのため、生活リズムを整えるだけで改善される場合があります。

良質な睡眠は、睡眠時間が長いことを指すわけではないですが、きちんとまとまった睡眠時間を取ることも重要でしょう。

朝起こる頭痛に悩んでいる人は、以下のことを試してみると、多少は痛みを防げるかもしれません。

・寝る前のスマホをやめる
・寝具を変える
・寝る前にはお茶を飲んでリラックスする

体のこりが原因で頭痛が起きる場合は、自分に合った寝具にするのがおすすめです。

布団や枕の硬さが自分の体に合っていれば、寝ている間の体への負担が少なくなります。

首元を軽く温めるのも、質の良い睡眠に効果的です。

しかし、それでも頭痛が起きてしまうことはあります。

早く治したい場合は、やはり市販の頭痛薬を飲むことに尽きますが、薬を少ない水で飲むのは避けましょう。

胃に負担を掛けないように、コップ1杯の水で飲むようにして下さい。

朝に頭痛がするのは病気の可能性もある?

毎日、朝は頭痛があるけれど、しばらくすると自然に治るという人はいませんか?

実は、この場合、危険が潜んでいる可能性があります。

起きた時は頭が痛いのに、時間が経つと痛みがなくなり、それが毎回のことであれば、その頭痛についてあまり深くは考えないですよね。

しかし、「放置すれば治る」「いつものことだから」という理由でそのままにしておくのは、とても危険です。

なぜなら、脳の病気である可能性があるからです。

頭痛の症状が出る脳の病気と言えば、「脳腫瘍」がよく知られています。

とても有名な病気なので、「病名を耳にしたことがある」という人も多いのではないでしょうか。

脳に腫瘍ができると、短い期間で頭痛がひどくなっていきます。

この他には、高血圧が原因で起こる頭痛もあり、こうした場合は、こりをほぐすなどの対策をしても改善は見られません。

毎日、朝に頭痛がするという状況は普通ではないので、市販の頭痛薬が必要なかったり、飲めば治るとしても、放置してはいけません。

毎日、毎朝、頭痛が続くようであれば、早めに病院を受診することをおすすめします。

朝の頭痛は、病気以外の原因で起こることもある?

ここまで、朝に頭痛が起こる原因や予防法を見てきました。

しかし、肩こりがあるわけでも、寝具が合っていないわけでもないのに朝、起きると頭痛がするという女性もいますよね。

その場合には、生活の仕方とも病気とも違う、別の原因があると考えられます。

それが、「女性ならではのサイクル」です。

もうお気づきだと思いますが、普段はあまり頭痛を感じないのに、

・生理が近くなると、数日は、毎日朝に頭痛がする
・生理中は毎朝、頭痛を感じる

という女性は多いですよね。

その場合には、病気ではないので、また違った角度からの対策が必要です。

生理か関係して起こる頭痛では、カフェインの入った飲み物を摂ることで血管を収縮させることができ、痛みを緩和できるとされています。

試してみてはいかがでしょうか。

また、寝すぎによっても頭痛が起こることがあるので、その対策もお伝えしておきましょう。

寝すぎも病気ではありませんし、疲れがたまっていると、長い時間寝てしまいがちです。

しかし、寝すぎると、交感神経と副交感神経が乱れ、頭痛を引き起こします。

この場合は、すこしすれば治るので心配はいりませんが、休みの日でも早めに起きることで予防できます。

「いつもと違う頭痛」がしたら危険?

しかし、気を付けなければならない頭痛もあります。

それが、運動中や作業中に感じる頭痛です。

運動や屋外での作業などの際に起こる頭痛は、

・血糖値の低下
・脱水症状(熱中症)

などが原因であることがあるからです。

これを放置してしまうと、意識を失ってしまったりと、重篤な症状につながることがあります。

屋外で何かしていて頭痛を感じたら、無理をせず、すぐに休みましょう。

夏場は特に、早めに病院へ行くことも必要です。

毎日、朝に頭痛があると、「頭痛が起きても、それが普通」という感覚になってしまっていることが多く、屋外での頭痛も「またか」と思って放置しがちです。

しかし、いつもと違う時間に違う痛みが来た場合は、早急な対応が必要な場合が多いです。
その目安が、以下のような痛みです。

・今まで感じたことのない、強烈な痛み
・「突然誰かに殴られた」ような痛み

このような痛みがある場合、脳内で出血がある場合があります。

他に危険なのが、発熱や吐き気を伴う頭痛です。

これは、熱中症以外に、髄膜炎や脳炎などが疑われます。

こうした頭痛の場合には、病院に行くのが遅れれば手遅れになることも考えられます。

重大な結果にならないためにも、頭痛を軽視するのはやめましょう。

頭痛で毎日朝が辛い時は病院を受診しよう!

毎日朝に頭痛がするのは、辛いですよね。

しかし、頭痛がするからと言って、毎日市販の頭痛薬を飲むのは、あまり良くないと言われています。

長い期間に渡って、毎朝頭痛がする場合には、我慢せずに病院を受診しましょう。

先ほどもお伝えした通り、大きな病気が隠れている場合があります。

そういったことがなくても、病院で診察や検査を受ければ、自分に合う痛み止めを処方してもらえる可能性が高まります。

実は、頭痛の種類によっても、よく効く薬は変わります。

例えば、「偏頭痛」なら、市販されている鎮痛剤にはない成分が入った薬を処方してもらうことで辛い症状が改善されるということがあるのです。

また、体質によっても、合う薬と合わない薬があります。

これは、病院で診察を受けなければわかりません。

頭痛薬を飲んで副作用が出ても、それを伝えれば、薬を変えてもらえるはずです。

もちろん、根本的な生活の見直しが必要な場合も多いですが、痛みのコントロールについては病院を頼るのも1つの方法ではないでしょうか。

生活を見直しても頭痛が続くなら、迷わず病院へ!

今回は、朝に起こる頭痛について、その原因や予防法をお伝えしました。

頭痛も、大きな病気につながっていることがあるので、バカにできません。

普段と違う頭痛がしたときはもちろん、生活を見直しても改善しない場合には、病院を受診することをおすすめします。

頭痛に悩まされず、朝から元気に1日を過ごしましょう。

 - 頭痛 対策