コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

顎関節症になったら整体?歯科?何回くらいの通院で治る?

      2018/06/13

顎関節症になったら整体?歯科?何回くらいの通院で治る?

近年、顎にトラブルを抱える人が増えています。

なかでも顎関節症は誰でも発症する可能性がある病気です。

なぜ、顎関節症は発症してしまうのでしょう。

発症してしまったら、どこにかかれば良いのでしょう。

整体や整骨院、もしくは歯科でしょうか。

また、何回くらい通院すれば治るのかも気になるところです。

顎関節症について調査しました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


顎関節症の症状

「ある時から突然顎が痛みはじめ、口が開かなくなってしまった」

そんな症状が出たら、それは顎関節症かもしれません。

顎や顎関節周辺、頬のあたりが痛い場合や、口を開け閉めしたとき、顎を動かしたときに痛みを感じるという場合は、顎関節症の疑いがあります。

口が開けられないという場合、自分で顎関節症であるかどうかチェックしてみましょう。

まず、口を開けて口の中に指を縦に3本入れてみてください。

指が1~2本しか入らない、もしくは1本も入らないという場合は顎関節症の可能性が高いです。

また、顎を動かしたときに「カクカク」した感じはしませんか。

「ジャリジャリ」「ミシミシ」といった音がするときも顎関節症を疑います。

さらに、顎関節症の症状として、以下のようなものが出る場合もあります。

・突然噛み合わせが変わったように感じる
・口が閉じなくなる
・頭痛、首・肩・背中の痛み
・腰痛
・肩凝り
・全身の痛み
・めまい
・舌の痛み

このように、顎関節症によってさまざまな症状が出ることがあるのですから、簡単な病気と侮ってはいけません。

顎関節症は、整体によってある程度症状が改善されるといわれることもあります。

しかし、何回くらい通えば良いのかは人それぞれです。

顎関節症を発症する原因

なぜ、顎関節症は発症するのでしょう。

その原因を5つご紹介します。

①ストレス

人はストレスと感じると、無意識に「噛みしめ」をするといわれています。

噛みしめると、顎や関節の筋肉には大きな負担がかかります。

ストレスを感じたときこそ、意識的に噛みしめないようにしましょう。

②歯ぎしり

睡眠中に歯ぎしりをしてしまうと、顎には悪影響です。

睡眠中は意識がないため、何回くらい歯ぎしりが繰り返されているのかわかりませんが、家族などにチェックしてもらうのもひとつの手です。

③噛み合わせの悪さ

噛み合わせが悪い人は、左右どちらか片方に負担がかかってしまうことが多くあります。

片方だけに負担がかかっているのは、良い状態ではありません。

④頬杖・うつぶせ寝

意外かもしれませんが、頬杖やうつぶせ寝も顎にダメージを与えます。

頬杖の癖を出来るだけなくし、あおむけで寝るようにしましょう。

⑤打撲など

顎の打撲など、事故やケガによって顎関節症が発症してしまうことがあります。

顎関節症には、さまざまな要因が重なって起こることも考えられます。

まずは専門機関で見てもらうことが大切です。

しかし、専門機関といっても色々あります。

先ほど出てきた整体や、整骨院、歯科など、どこにかかれば良いのでしょう。

顎関節症かも?歯科・整骨院・整体どこを選ぶ?

顎関節症の症状が出てしまった場合、どこの専門機関にかかれば良いのでしょうか。

まずは、医療機関にかかることをおすすめします。

顎関節になりますので、歯科・口腔外科です。

レントゲン撮影などの検査がしてもらえますし、顎関節症になってしまった原因が判明する可能性があります。

噛み合わせなどをチェックし、マウスピースを使うこともあります。

選択肢のひとつに、整骨院があります。

整骨院とは、柔道整復師が行う施術所のことです。

柔道整復師は国家資格であり、免許を持っている人のみが開業できます。

気を付けてほしいのが、整骨院での施術は保険適用外になるものもあるということです。

健康保険扱いが出来るものは、負傷の原因が急性(または亜急性)の外傷性の負傷のみです。

急性または亜急性の負傷とは、骨折や脱臼、打撲などです。

慢性的な痛みとなりますと保険適用外になる可能性が高いです。

整体は、治療というよりも全身のバランスを調整することにより、不調や歪みを改善する方法です。

顎関節症は、体の歪みから発症することが多いといわれています。

その体の歪みを矯正し、その結果顎関節症も改善できる可能性があります。

専門機関に何回くらい通えば改善するのかは、症状によって異なります。

不安でしたら、治療前によく相談しておきましょう。

顎関節症は整体よりも歯科・口腔外科!何回くらい通院するかは相談

前項では、顎関節症が疑われる場合、整体・整骨院ではなく、まずは歯科・口腔外科を受診することをおすすめしました。

歯科は行かれたことがあるという人も多いと思いますが、口腔外科はあまりなじみがないのではないでしょうか。

歯科は、主に歯に関する疾患に対して治療を行います。

口腔外科は、口の中と顎、顔面、それに隣接する組織についての疾患を治療してくれます。
大きな口腔外科になると、MRIを保有していることもあります。

詳細な検査によって顎の骨の変形や関節の異常がないかどうかを、さまざまな角度から診察してくれます。

近年は歯科の数が増え、予防歯科や審美歯科などの標ぼうを掲げる医院も出てきました。

歯科の中には、顎関節症を専門に扱うところもあるようです。

それだけ、顎関節症でお悩みの人が多いということがいえるでしょう。

顎関節症の症状が出たら、まずはなじみの歯科に見てもらうのが良いでしょう。

顎関節症が専門外であれば、口腔外科を紹介してもらいます。

治療の前には、どのような治療を行うのか、何回くらい通院するのかなど、きちんと治療内容について相談しておきましょう。

整体ではできない顎関節症の治療は何回くらい通院が必要?

顎関節症の治療は、長期間になることもあります。

治療が長引かないように、早期に治療を始めることが大切です。

そうすれば、そこまで長引かずに済む可能性もあります。

口腔外科の治療のひとつに、マウスピースがあります。

マウスピースは歯型を取って作りますが、スプリント、バイトプレートなどとも呼ばれます。

薄いゴムのようなやわらかい素材のものから、少し硬めの樹脂製のものもあります。

やわらかい素材のものは、無意識の歯ぎしりなどによる顎やその筋肉への負担を軽減してくれます。

硬い素材のものは、噛み合わせの微調整をしてくれます。

少しずつの調整になりますので、すぐに効果は実感できないかもしれません。

余りに痛みがひどい場合は、痛みを緩和する薬物療法が取られることもあります。

薬物療法であれば、ひどい痛みは一時的におさまります。

しかし、根本的な治療とはいえません。

顎関節症は、日常生活における習慣が原因となることもあります。

そのため、生活習慣の見直しも治療のひとつにあります。

姿勢の悪さや体の歪みからきている場合、整体治療も選択のひとつになり得ます。

1回の施術で効果を感じる人もいますが、どの方法で治療するにも、1回の通院で治るということはほとんどありません。

そのため、何回くらい通院すれば良いかも、具体的にお伝えすることは出来ないのです。

顎関節症の治療は何回くらい?症状によって治療期間は異なる

歯科・口腔外科、整体など、どの専門機関にかかることになったとしても、治療にはそれなりの時間がかかります。

治療は何回くらいになるのか、具体的な回数を示すのはとても難しいことです。

時間がないという人や予算など、不安に感じることもあるかと思います。

治療期間は、その人の症状によって変わってきますが、長い目で見ておいた方が良いでしょう。

お伝えしてきた通り、顎関節症は生活習慣やストレスによって発症します。

それらの問題を改善していくことで、顎関節症も改善していくのです。

治療をはじめて1~2ヶ月で状態が改善することもありますが、それよりも大変なのは顎関節症を再発させないということです。

これが難しいのです。

顎関節症は、繰り返してしまうことがほとんどです。

生活そのものを見直さない限り、再び発症してしまう可能性が高いのです。

一時的な治療ではなく根本的な解決を目指すために、自分の生活をもう一度見直してみましょう。

顎関節症の疑いがある場合はまず歯科・口腔外科へ

現代はストレス社会です。

顎関節症に悩んでいる人も多くいます。

誰でも、顎関節症になる可能性があります。

顎関節症の症状がある人や、顎に違和感を感じている人は我慢せずに歯科・口腔外科を受診する事をおすすめします。

 - その他 部位, マッサージ 整体