コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

顔のたるみに悩む20代女性は多い?その原因と対策をご紹介!

      2018/06/13

顔のたるみに悩む20代女性は多い?その原因と対策をご紹介!

顔のたるみやシワは、20代の若い女性には無関係だと思っていませんか?

実は、そうでもないのです。

最近では、20代なのに30代に見られることに悩む女性もいるようです。

そこで今回は、顔の見た目年齢に悩む20代女性に向けて、その原因と対策をご紹介していきます!

少しでも悩みの解消につながれば幸いです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


顔の「見た目年齢」に悩む20代女性は多い?

皆さんは、自分がいくつに見られているのか、気にしたことはありますか?

女性であれば誰しも、「少しでも若く見られたい」という願望を持っていることと思います。

そのため、「実際の年齢よりも年上に見られる」という悩みを持つ女性は少なくありません。

しかもその悩みを持つ人は、20代の若い女性にも一定数存在します。

若い女性が、実際よりも年上に見られてしまうのは、一体なぜなのでしょうか。

それには、

・小学生から忙しく、睡眠不足
・メイクを始める年齢が低くなっている
・安いけれど質の悪い化粧品が氾濫
・スマホで夜更かし

が関係しています。

現代の日本では、小学生でも塾や習い事のために夜遅くまで起きていて、睡眠が足りていません。

また、小学生のうちからメイクをして出かけるのも普通のことになっています。

しかし、若いうちはあまりお金がないので、安い化粧品を使います。

全てではありませんが、安い化粧品の中には質の良くないものもあり、それが肌に負担をかけてしまうこともあります。

そして、10代後半~20代の若い女性は、みんなスマホを持っているので、夜更かしすることも多いですよね。

時代の流れとはいえ、そういった生活では、体が年を取るスピードが速まります。

そしてそれが、「顔のたるみ」などになって表れ、実年齢より上に見られてしまうのです。

20代の女性でも顔がたるみ始める?

では、「20代なのに、いつも実年齢より上に見られる」と悩む女性に共通することは何でしょうか。

もちろん、服装などの雰囲気や、顔のつくり、髪のイメージも関係があるでしょう。

しかし、顔の印象が、やはり大きな影響を与えていることは確かです。

顔にシミやシワ、たるみがあれば、どうしても老けた印象を相手に与えてしまいます。

また、「20代でも顔がたるみ始めるの?」と驚いた人もいると思いますが、個人差はあっても重力に引っ張られ、肌は少しずつたるんでいきます。

そして、20代の時に何をしたかが、その後の肌に影響を及ぼします。

例えば、女性は30代になると、少しずつ女性ホルモンの分泌量が減ってきます。

その影響で、コラーゲンやヒアルロン酸など、肌の美しさを保つために有効とされている物質が足りなくなります。

その結果、ハリがなくなり顔にシワが増えるので、実年齢よりも上に見られることにつながります。

50代になる頃には、ほうれい線が目立ちます。

そうなる前にケアをしておかないと、目立たなくすることはなかなか難しいでしょう。

年相応に見られる女性でもそうなのですから、20代なのに30代に見られるといった場合には、早めの対策が必要です。

顔の見た目年齢を左右する肌の状態は、生活習慣の見直しやスキンケアによって改善することができるので、次の章からその方法を見ていきましょう。

たるみのない顔に!20代女性におすすめの化粧品

たるみのない顔を目指すなら、化粧品の選び方が重要です。

先ほど、安い化粧品の中には、質の良くないものがあるとお伝えしました。

そういったこともあるので、一般的な傾向としては、20代になり、化粧品に使えるお金が増えてくると、多少無理をしてでも高い化粧品を試す女性が多いのではないでしょうか。

筆者も20代の頃は、メーカーを変えては高い化粧品を試していました。

しかし、化粧品は、「高ければ品質が良い」というわけではありません。

最後は、自分の肌に合うかどうかや、続けられるかが重要だからです。

では、高い化粧品が自分の肌に合わなかったら、なすすべはないのでしょうか。

そんなことはありません。

最近では、価格を抑えながらも、質の良さにこだわって作られた化粧品も多く存在します。
高い化粧品と比べて、添加物が少ないものもあるので、刺激に弱い女性でも安心して使えるでしょう。

肌に優しいものが続けやすいのは、明白です。

また、20代のうちから、肌に優しい洗顔方法を身につけておくと良いですね。

洗顔フォームなどはしっかりと泡立てて、細かい泡で優しいタッチで丁寧に洗います。

その後は、化粧水や乳液での保湿を忘れずに行いましょう。

よく眠って沢山笑えば、顔のたるみが防げる!

また、睡眠時間を確保することも、顔がたるむのを防ぐために有効です。

なぜ、睡眠が顔のたるみに効果的なのでしょうか。

それは、

・眠ることで肌を休ませることができる
・日中に受けたストレスの解消につながる

という理由があるからです。

きれいな肌の状態を保つためには、ストレスは大敵です。

また、睡眠以外にも、効果的なことがあります。

それが、沢山笑うことです。

毎日の仕事や学業、部活動などでは、嫌な思いをすることも多く、そのストレスは少なくありません。

そして、そのストレスをゼロにすることも現実的には不可能です。

しかし、日頃なるべく笑って過ごすようにすると、それだけでストレスが解消されると言われています。

また、笑うことで顔の筋肉が動くので、自然と肌のたるみも抑えることができます。

日々を笑って過ごすことは、健康だけでなく美容にも良いのですね。

毎日辛くて笑えないような環境にいる20代女性なら、思い切って環境を変えることも必要かもしれません。

そして、睡眠は、眠る時間の長さだけでなく質も重要です。

寝る前のスマホは眠りにつくまでの時間を長くし、眠りの質も下げてしまうことが知られています。

寝る前はスマホを見ずに、質の良い睡眠を取りましょう。

スマホが与える影響は、顔のたるみだけじゃない!

ところで、1章では「見た目の年齢が実際より上に見られてしまう」ことに悩む20代女性は多いとお伝えしました。

そして、その背景の1つに、スマホがあることもわかりましたね。

しかし、スマホが与える顔への影響は、「たるみ」だけではないのが恐ろしいところです。

スマホには、楽しいコンテンツが豊富です。

手帳代わりに使ったり、音楽を落としたりと、自分に合わせて様々な使い方ができるのが大きな魅力ですよね。

もはや、自分専用の「持ち歩くパソコン」です。

しかし、それだけに一度見始めるとなかなかやめることができず、それが夜であっても、長時間スマホを見続けてしまいます。

また、下を向いている時間も長くなりますよね。

すると、20代の女性であっても、

・顔のシワが目立つ
・クマができる

といったことが起こります。

また、スマホを見ていると姿勢が悪くなりがちなので、肩こりや首こりの原因にもなると言われていますね。

この時代に、スマホを持たずに暮らすことはとても難しいですが、それ以上にスマホと適切な距離を保つのは難しいことです。

しかし、

・スマホは、時間や目的を決めて短時間だけ使う
・スマホを見るときの姿勢にも気を付ける

など、自分でルールを決めることで、その悪影響を抑えることは可能です。

顔の見た目年齢に悩む人は、スマホとの関り方を見直すと良いかもしれません。

自分の顔に自信が持てればもっと輝ける!

人と話す時などに、真っ先に見るのが顔ですよね。

「顔には、その人の心が現れる」とも言われるように、顔や顔の表情は、その人の第一印象を左右する大切なものです。

そんな顔の中で、特に年齢を感じやすい部分と言えば、やはり目元と口元のたるみです。

そのため、30代以降の女性では、ここを重点的にケアしているという人が多いですね。

しかし、20代の若い女性は、まだそれほど目元や口元に年齢は現れません。

そのため、おろそかにしてしまいがちですが、10年後、20年後の見た目年齢に大きく関係してくることがあります。

早めに、目元のパックやリップケアなどを取り入れると良いでしょう。

また、見落としがちなのが、首のケアです。

下を向いてスマホを見ていると、首にシワができやすくなります。

そして、首にシワがあると、見た目年齢が上がります。

顔のシワだけをケアしても、首のケアをしていないと、バランスが取れていないので不自然な印象を持つからです。

顔の肌以外に、首のケアも行うと、顔の印象がさらに良くなり、自分に自信が持てるでしょう。

「いつも実年齢より上に見られる」という悩みを持っている20代女性は、

・規則的で健康的な食生活をする
・スマホは控えめにして睡眠をとる
・ストレスの解消方法を見つけて、ストレスを溜めないようにする
・自分に合う化粧品で肌をケアする

ことを今から心がけ、実践していくことをおすすめします。

顔のケアで見た目年齢を若返らせよう!

今回は、年上に見られることに悩む20代女性に向けて、その原因と対策をお話しました。

今からできる対処法もいくつかご紹介しましたが、参考になりましたか?

肌は優しくケアをして、夜更かしやスマホの使い過ぎには気を付けましょう。

また、笑うことが増えれば、肌だけでなく健康にも良い影響を与えます。

20代の日々を、楽しく過ごしていきましょう。

 - マッサージ 整体, 女性 お悩み