コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

5月のアトピーが悪化するのはなぜ?その原因と対策とは?

      2018/07/01

5月のアトピーが悪化するのはなぜ?その原因と対策とは?

「なんだか最近アトピーのかゆみ、赤みが気になる。」「そんなに汗をかくわけでも、乾燥するわけでもないのにこの不調は何だろう。」と悩んでいる人はいませんか?

アトピーが悪化しやすいのは、乾燥する冬といわれていますが、5月でもアトピーが悪化する原因があるのです。

ここでは、その原因と対策について考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


5月はアトピーが悪化しやすい時期!?

5月は暖かくなり、厚着の服が一枚ずついらなくなってきて、心も体も軽くなる時期です。

過ごしやすい時期ですが、アトピーの人の中には症状が悪化する人も多いです。

新しい生活が始まったり、環境の変化によってストレスが増え、肌も負担を感じるためです。

忙しい毎日の中でストレス対策をすることは簡単なことではないと思いますが、少しでも気持ちが軽くなるように意識するだけでも、大きな変化が期待できるのではないかと思います。

暖かな気候を生かして外を散策しながら気分をリフレッシュさせる、なんてこともいいのではないでしょうか。

特別なことをしなくても自分の身体が喜ぶようなことをしてみる、そんな気持ちが大切なのかもしれません。

5月ならではの穏やかな過ごし方を考えてみてはいかがでしょうか。

まだまだ5月も油断大敵!花粉によるアトピー悪化の対処法

花粉のピークは5月上旬までとの見解が多いです。

アトピーの肌は外敵要因によるダメージを受けやすく、花粉の多いこの時期に症状が悪化する人も多いのではないでしょうか。

花粉は目に見えずらい分、肌や衣服などに付着しやすく、対策が難しいといわれています。

手軽に取り組みやすい対処方法としては、付着した花粉をそのままにせず除去するよう心掛けることが大切です。

帰宅後は肌の洗浄、スキンケアをこまめにするなどアトピーの肌にも休息を与えましょう。

衣服や髪にも多くの花粉がついている可能性がありますので、家に入る前に玄関などで花粉をしっかり掃って室内に持ち込むことを防ぎましょう。

意外に盲点なものが洗濯物です。

5月は晴天も多く、気持ちよく外で洗濯物を干したくなるのですが、乾いた後に花粉を掃うことを意識するようにしましょう。

また布団を干すこともあるかと思いますが、洗濯物同様、花粉の室内への持ち込みに注意し、干した後は掃除機をかけるとより効果的だと思います。

花粉だけじゃない!アトピーを悪化させる外的要因

暖かな5月、気温の上昇とともに気になるのが、紫外線です。

紫外線は晴れている日だけではなく、曇りの日にも降り注いでいます。

春先の5月は紫外線量が増えるとのデータもあり、無防備に放っておくことはおすすめできません。

「そんなに日差しも強くないし。」「紫外線対策はもっと暑くなってから!」と思っている人もいるかと思います。

しかし、紫外線によりバリア機能が乱れると、アトピーが悪化するなどトラブルが起きやすくなることをご存知でしょうか。

肌を守るために帽子の着用や日傘はもちろん、5月であっても日焼け止めを塗る事をおすすめします。

また寒暖差の大きい季節でもあり、乾燥に敏感なアトピー肌にはその日の気候に合わせて乾燥対策も重要です。

今日寒いと思ったら明日は真夏日と、不安定な気候が続くのも5月の特徴です。

意外に汗をかくことも多い時期でもありますので、気温が高い日には汗をかいたら着替えやシャワーを浴びるなど、アトピー肌を清潔に保ちましょう。

アトピーの人にとって、汗をかくことは決して悪いことではありません。

水分補給や運動などを積極的に行い、毒素排出効果もある汗をたくさんかいてアトピー肌の改善につながるとよいですね。

アトピーの悪化で悩んでいる子供に大人がしてあげられること

成長過程において、大人以上に様々な変化に対応しなければならないなど、子供って本当に大変ですよね。

5月はストレスも溜まりやすい時期のため、アトピーが原因で嫌な思いをしている子供達も少なくありません。

掻いている姿を見られて笑われたり、アトピーの症状が出ている部分はどうしても目立ってしまうため、肌の荒れを指摘される事もあるでしょう。

そんな姿を見るのは、大人からしても辛いものです。

「すぐには治らないかもしれないけど、ちょっとでも、ちょっとずつでも善くしていこう。」

このような身近な大人の姿勢がとても重要です。

改善に良いといわれるものはとにかくやってみる、ストレスを溜めないように穏やかな日々を心掛けるなど、どんな事でも良いと思います。

アトピーで痒がる子供の肌を、優しくさすってあげるのも良いでしょう。

改善してきたと思ったらまた悪化と、アトピーは悪循環を繰り返すものです。

でもいつか必ず治るという思いで、一緒にアトピーと向き合っていきましょう。

アトピーの悪化を食い止めるためには薬も上手に使おう

出来れば自然な方法でアトピーを治したいと、アトピーの人誰もが思うことでしょう。

食生活の改善や適度な運動等は、アトピーの人のみならず、健康を目指す私たちにとって非常に重要なものです。

現に様々な生活改善によってアトピーの改善にも繋がった、という人もいることと思います。

ですが、何かアトピーを悪化させるような事をした覚えも無いのに、なんだか肌の調子が悪いなど、5月のアトピーの肌はとても変わりやすく、デリケートです。

アトピーの痒み等の症状を我慢する事は、容易な事ではありません。

アトピーとの共存は長きに渡りますので、症状によっては薬の使用も検討しましょう。

薬を使いたくないからと我慢したり、我慢できずに掻いてしまい悪化するなど負の連鎖に陥るよりは、辛いときはまず薬を使って肌を落ち着かせ、ストレスを取り除くこともとても大切です。

自分のその時の肌と相談して、薬を上手に使うのもアトピー改善の近道になるのではないかと思います。

アトピーの原因は人それぞれ!5月は自分の肌を知るチャンス!

原因が分かれば苦労しませんが、アトピーは原因を特定することがとても難しいものです。

アトピーに関する情報は現在、溢れかえっています。

他の人には効果があったのに自分には全然効果がなかった、いう経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

まず、自分のアトピーがどんな時に悪化したり、また調子が善くなるのか、普段から肌の変化を意識しましょう。

普段、何気なく生活しているだけでは見えないものに気付くきっかけになるのではないでしょうか。

良かれと思ってやっていたことがアトピーを悪化させる原因だった、ということも珍しくありません。

反対に、やってみたら意外に自分のアトピーとの相性が良いものだった、ということにも巡り合えるかもしれません。

身体と同様、肌も自分で作りましょう。

じっくり観察して自分の肌が求めていることを知るという当たり前のことが、一番難しくて、一番大切なことかもしれませんね。

5月は休日も多い時期ですので、時間を有効に使って自分の肌を見つめる機会を作ってはいかがでしょうか。

5月はアトピーに負けずに楽しい春の日を過ごそう!

寒い時期を超えてやっと春が来た!

心も身体も開放して、この麗らかな季節を満喫したいですよね。

アトピーの人にとっては気候同様、肌のコンディションが変わりやすい時期でもありますが、

その日の気候や体調に合わせてケアを行うことが大切です。

5月は、外に出れば色とりどりの花が咲き、その景色を見るだけでもリフレッシュできますよね。

暑い夏に向けての準備期間でもある5月に、肌のコンディションを整えておき、強い紫外線や汗などに負けない肌を造り上げておきましょう!

 - 健康/食事/ダイエット, 内臓 異常, 症状・目的別