コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

オチョダイエットってどんなもの?腰痛予防にもなる?

      2018/07/04

オチョダイエットってどんなもの?腰痛予防にもなる?

ダイエットは、手軽なものが魅力的ですね。

さらに続けやすく効果が高い方法であれば、すぐにでも始めたいと思う方は多いでしょう。

これから紹介するダイエットはオチョダイエットと呼ばれるもので、腰やお腹周りに効果があるとされる方法です。

本記事ではオチョダイエットの詳しい方法と、腰痛との関係についてもお伝えしていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


腰痛にも効く?オチョダイエットを知ろう

まずは、オチョダイエットについてご説明します。

オチョダイエットは、アルゼンチンタンゴのステップを元に考えられたダイエットです。

このダイエット名に含まれる「オチョ」は、アルゼンチンタンゴの生まれたスペインの言葉で、8を意味する「ocho」のことを指し、腰で8の字を描くように動かすことに由来しています。

腰を動かす時に「1・2・3・4・5・6・7・オチョ!」と掛け声をかけます。

この掛け声だけでも陽気な気分になりそうですね。

詳しくは後の項目でご紹介しますが、オチョダイエットの最大の特徴は、腰を動かす動きにあります。

正しく動かすことができれば、腰周りのインナーマッスルが鍛えられ、お腹周りのシェイプアップに繋がる可能性があります。

また、体の内側の筋肉を鍛えることで、緩んでいた骨格や骨盤の位置が正常な場所に戻り、腰痛などの体の不調への効果も期待できます。

それほど複雑な動きではないので、続けやすい方法でもあります。

オチョダイエットに挑戦!

オチョダイエットの基本的な動きをご紹介します。

最初のうちは正しい動きが身に付くまで、ゆっくりと進めていきます。

【オチョダイエットの方法】

①足を肩幅に開いて正面を向きます。

②お腹とお尻に力を入れながら腰を左前に突き出します。

③突き出した腰を反時計回りに動かし、右前に突き出します。

④今度は時計回りに回して再び左前に出します。

①から④の一連の動きで、腰で8の字を描くようなイメージで行います。

8の字を一回描いたら1回とし、一日に100回を目標にしましょう。

ただし、初めから多くの数をこなす必要はありません。

今までにない動きをするために、無理をすると関節や筋肉を傷めてしまう可能性があります。

また、もともと腰痛や腰周りの不調を抱えている方は、十分注意して行ってください。

痛みが酷くなったときはすぐに中断しましょう。

ちなみに、オチョダイエットをしている間の食事制限は、しなくてもよいとされています。

普段通りの食生活で効果が出るのであれば、願ってもないことですね。

しかし、どのようなダイエットでも健康的に続けてこそのものなので、食べすぎたり偏った内容の食事は避けておくことが無難でしょう。

腰痛や失敗をさけるために…注意することは?

オチョダイエットの元になっているアルゼンチンタンゴは、腰を速く動かす踊りですが、オチョダイエットの場合は、必ずしも速い動きが必要というわけではありません。

むしろ、ゆっくり動かした方が効果が期待できる部分もあるのです。

動きに慣れてきて速く動かしたくなるかもしれませんが、速い動きは鍛えようとしている筋肉への負荷がかかりにくいことがあります。

始めのうちは、正しい動きを体に覚えさせるためにも、ゆっくりとした動きで進めましょう。

また、姿勢を崩さないことも重要なポイントです。

鏡を見ながら腰を動かすと、上半身まで動いていることがあります。

動きが速くなるにつれ、姿勢が保てなくなっていきます。

姿勢が崩れ、間違った動きを続けていると、ダイエットの効果が期待できないうえに、腰への負担が大きくなり、腰痛を引き起こしてしまいかねません。

効果を期待するあまり、無理をすることのないよう気を付けて行いましょう。

以下にオチョダイエットをしていくときのポイントをまとめました。

【オチョダイエットのポイント】

・腰だけを動かす
・視線を下げない
・慣れてくるまではゆっくりと行う
・回数は多い方が効果が大きい

ただ漫然と腰を動かすのではなく、これらのポイントを意識することで、より効果が出てくるはずです。

オチョダイエットのメリット①正しく動かしてシェイプアップ

オチョダイエットの基本は、腰で8の字を描き、筋肉を大きくねじることにあります。

この動きには、腰やお腹周りの脂肪を急速に燃焼する効果が期待できます。

たるんで見えるお腹の肉は、支える筋肉が足りないことで垂れてしまった脂肪です。

オチョダイエットは、筋肉の衰えからくるたるみを改善し、余分な脂肪を燃やす効果が期待できるトレーニングです。

続けていくことで、腰やお腹周りの引き締めに繋がっていくでしょう。

また、繰り返し腰を回す動きには、インナーマッスルを鍛える効果も期待できます。

インナーマッスルは、本来鍛えることが難しい部分の筋肉ですが、オチョダイエットの動きは内臓を囲む筋肉のほか、腰痛の原因のひとつともいわれる脊柱起立筋を鍛える効果も期待できます。

インナーマッスルを鍛えることでお腹の内側から脂肪が取り除かれ、くびれができたりサイズダウン・体重ダウンに繋がっていきます。

オチョダイエットのメリット②骨盤を矯正して腰痛予防

腰を8の字の動かすと、骨盤を本来の位置に戻すことができます。

骨盤が歪んでしまうと、筋肉をうまく動かすことができずに太りやすくなったり、内臓を支えられずにお腹が前へ出てしまう原因にもなります。

腕や足は細いのにお腹周りだけが太っていたり、ダイエットや運動をしてもなかなか効果が出ないのは、骨盤が歪んでいるせいかもしれません。

オチョダイエットは、シェイプアップの動きがそのまま骨盤矯正への効果が期待できる運動にもなっているので、一石二鳥のトレーニングといえるでしょう。

骨盤が正しい位置に戻ると、血行が良くなり筋肉の動きが活発になりやすくなります。

これにより代謝も上がっていき、以前よりも痩せやすい体になるかもしれません。

また、骨盤の歪みは腰に大きな負担をかけます。

この負担を取り除くことで、腰痛の痛みが軽減していくこともあります。

痛みがある場合は無理は禁物ですが、続けていくことで腰痛予防にも繋がるでしょう。

もう一つ、オチョダイエットで期待できる嬉しい効果として、便秘解消があげられます。

腰をねじりながら動かす運動は、腸の動きを活発にします。

お腹回りの筋肉を鍛えることで腹圧が高まり、便通をスムーズにする効果が期待できます。

オチョダイエットの応用編

オチョダイエットの基本は、腰を動かすことです。

続けていけば、シェイプアップのほか、便秘解消や腰痛予防に繋がる可能性があることもお伝えしてきました。

このオチョダイエットの8の字を描く動きを、腕や足のシェイプアップとしても応用することができます。

ポイントをおさえて行えば部分痩せに繋がる可能性があるトレーニングですので、基本のオチョダイエットと併せて行いたいですね。

【二の腕に効く!腕オチョ】

①足を肩幅に開いて立ちます。

②両腕を水平になるように上げて手の甲を正面へ向けます。

③手の平で空気を押すイメージで両腕を体の後ろへ動かします。

④両手の平を正面に返し両腕を前方へ動かします。

⑤横から見た時に腕で8の字を描くように動かします。

8回を1セットにして4セット行います。

■ポイント

・腕を動かす時には肩甲骨を意識する
・腕をたるませないよう注意する

【ほっそり脚を目指す脚オチョ】

①右脚を軸にして左脚を前に出します。

②出した左脚を半円を描くように体の後方へ動かして、軸足をクロスさせます。

③②の左脚を跳ね上げ両足を揃えます。

④この動きを8回繰り返して軸足を交代します。

左右8回1セットを2セット行います。

■ポイント

・ゆっくりと丁寧に行う

③の足を跳ね上げる部分は、イメージしにくいかもしれません。

一連の動きを紹介している動画などを参考にしながら行ってみましょう。

焦らず動きを確認しながら進めよう

効果が出やすいとされるオチョダイエットですが、続けているのに思ったような効果がないと感じることがあるかもしれません。

そのような時は、もう一度やり方を見直してみましょう。

簡単な動きの繰り返しなだけに、わずかな意識の違いで結果に繋がらないことがあります。

また、間違った動きをしたために、腰痛になってしまったり怪我をしてしまうこともあります。

始めのうちは、ゆっくりと、より丁寧に進めることが重要です。

 - 健康/食事/ダイエット, 筋トレ&ストレッチ, 腰痛