コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

ストレッチでウエストを引き締めよう!くびれの作り方

      2018/07/06

ストレッチでウエストを引き締めよう!くびれの作り方

女性の方ならば1度は憧れる「くびれ」。

その美しいウエストのくびれが手に入れば、さらに魅力的になれること間違いなしです!

そこで、この記事では、ウエストを引き締めて「くびれ」を作りたいと思っている女性の方に向けて、おすすめのストレッチ方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


ウエストを引き締めてくびれを作ると嬉しい効果が!

ウエストにくびれを作るストレッチを試す前に、まずはウエストを引き締めてくびれを作るとどんな良いことがあるのか考えてみましょう。

まずは、なんといってもメリハリのある体型に近づけるということですよね。

スタイル抜群な女性は魅力的で、自分もそうなりたいと憧れる方も多いですよね。

くびれを作ることで、バストやヒップが強調されて女性らしい体のラインが出来上がります。

バストやヒップのサイズが以前とさほど変わっていなくても、ウエストを引き締めてくびれを作るだけで外見の印象もガラリと変えてしまうので、驚きですね。

さらに、ウエストにくびれがあると良い姿勢を維持しやすく、周りに若々しい印象を与えることができるでしょう。

ウエストが引き締められていてくびれがある方は、腹筋を上手く活用でき体感が安定しており、きれいな姿勢を保てる方が多いといわれています。

反対に、ウエストのくびれがない人は、猫背など悪い姿勢をとってしまいがちです。

やはり、若々しく明るい印象を与えることと、きれいな姿勢を保つことは深く関係しているのです。

他にも、ウエストを引き締めることで、自分が着たい服を躊躇せずに着られるようになることも嬉しいですよね。

きっと、以前よりも幅広いファッションを楽しめるようになるかと思いますよ。

運動が苦手でも気軽に行えるのがストレッチ!

ウエストを引き締めてくびれを作りたい方にストレッチをおすすめしたいのですが、ストレッチにはどういった利点があるのでしょうか?

まず1番最初に挙げたいのが、ストレッチは運動に苦手意識がある方でも毎日継続しやすいということです。

もともと、運動があまり好きなほうではない方からすると、「運動すること自体にやる気を見出せない…」なんてこともあるのではないでしょうか。

ストレッチは、筋トレやランニングなどとは異なり、激しい運動ではなく、身体への負荷がそこまでかからないので、始めやすいものといえるでしょう。

ストレッチだけではなく、他の運動にも同じことがいえますが、運動はその効果を高めるために毎日継続することが重要となってきます。

「継続のしやすさ」という点では、ストレッチが抜群に高いと考えられるでしょう。

また、ストレッチは全身の血行を改善してエネルギーの消費率を高めて、痩せやすい体にもしてくれるというメリットもあります。

体質にも良い変化を与えてくれるので、ダイエットメニューに取り入れてみても良いでしょう。

他には、ストレッチをすると、自分が引き締めたい、痩せたいと思っているところを限定して、効率の良い部分痩せを実現しやすくなります。

全体的に細くなりたいという場合だけではなく、この部分だけ気になるから重点を置いた痩せ方をしたいという場合にもストレッチが適していると考えられますね。

ストレッチを行うときに気をつけることは?

ストレッチを行うときに気をつけてほしい点があるので、こちらの項でお伝えします。

まず、反動をつけて勢い良くストレッチをするのは避けましょう。

焦らずにじわじわと自分のペースでストレッチをして、筋肉や腱にダメージを与えないようにしてください。

痛みが出てしまうと、ストレッチを継続することが難しくなり、元も子もないです。

また、ストレッチをする際には全身の力を抜いてリラックスし、自然な呼吸を繰り返し行います。

息を止めると筋肉がかたくなってしまうので、ストレッチの効果が下がってしまう場合があるのです。

ストレッチは鼻から息を吸い口から吐き出すこと、伸ばすのと同時に息を吐き出すことを意識して行うのが理想的とされています。

次項からは、ウエストを引き締めてくびれを作るストレッチのやり方についてお話しします。

ウエストを引き締める!くびれを作るストレッチのご紹介①

ここからは、ウエストのくびれを作りたい女性の方のために、おすすめなストレッチのやり方をお伝えしていきます。

2項に分けてご説明していきますので、気になったものがあったら早速今日から試して、ウエストをキュッと引き締めましょう!

【くびれを作るストレッチ.1 ウエストの捻りストレッチ】

①呼吸を整えて、姿勢良く立ちます。

②足幅を肩幅に開いて、胸の目の前に両手を持っていき手から肘までが床と並行になるようにしてください。

③下半身を動かさないように注意しながら、上半身のみを左右どっちかの方向に捻りましょう。

④元の位置に戻したら、次は反対方向に上半身を捻ります。

【くびれを作るストレッチ.2 うつ伏せで体を反るストレッチ】

①呼吸を整えてうつ伏せで寝転びます。

②両手は背面に持っていき、指を組み合わせてください。

③勢いをつけないように、ゆっくりしたペースで上半身を反るように床から離します。

まず始めに首、その後に胸部、腰を浮かせましょう。

④少しの間この姿勢をキープして、元の姿勢に戻りリラックス。

⑤③~④を数回行ってください。

ウエストを引き締める!くびれを作るストレッチのご紹介②

前項から引き続き、ウエストを引き締めてくびれを作るのにおすすめなストレッチの手順をご説明します。

【くびれを作るストレッチ.3 仰向けで下半身をねじるストレッチ】

①呼吸を整えて、仰向けに寝転び、両腕を開いて床につけます。

②両足をくっつけた状態で床から離しましょう。

③②の両足を左右どっちかの方向に持っていき、床につく直前の距離で一旦ストップ。

④元の位置に戻して、反対方向も同じ手順でストレッチしていきます。

慣れていないと大変だと思う方もいるかと思いますが、継続して行えばだんだんと数をこなせるようになります。

まずは自分ができると思った回数を行いましょう。

【くびれを作るストレッチ.4 横向きで脇腹を鍛えるストレッチ】

①呼吸を整えて、横向きに寝転び、まっすぐにした下側の腕の上に頭をおきます。

このとき、上側の腕は胸の目の前の自然な位置で結構です。

②①の状態で腹筋に力を入れてへこませてください。

③息を吐くのと同時に両足を床から持ち上げましょう。

④この姿勢で少しの間キープします。

⑤息を吸うのと同時に両足を床につけて元の位置に戻ります。

⑥③~⑤を10回を目安に行い、反対側も上記の手順でストレッチしていきましょう。

ウエストのくびれを作るならフラフープも有効!

子供の頃によくフラフープで遊んだ記憶があるなんて方もいませんか?

実は、フラフープはウエストを引き締めて、くびれを作るのに効果的なアイテムなのです。

ウエストをくびれさせるためにはとても大切な腹斜筋のトレーニングが、フラフープではできるのです。

さらに、フラフープの回転を持続させるには、インナーマッスルや体幹を上手に活用する必要があるので、くびれを作るのに貢献するほかにも、ぽっこりお腹の解消や姿勢の改善にも役に立つといわれています。

そして、フラフープ運動は1日10分間行うだけでも効果が期待できるので、ストレッチと同様に手軽にできるのがメリットです。

右回しと左回しの両方を4分間ずつ行い、合間に2分間の休憩時間をはさむのがおすすめのやり方です。

フラフープ運動は、テレビを見ながらでもできちゃいます。

他にも、音楽を聴きながら行うのも良さそうです。

ぜひ、少しの時間でも、フラフープ運動を行ってみてくださいね。

ストレッチをして「くびれ」を手に入れよう!

いかがでしたか?

特に夏場などの薄着になる季節は、どうしても体型が気になってしまうという女性の方も多いはず。

この記事でご紹介したストレッチで何か気になるものがありましたら、ぜひストレッチを試してみてくださいね。

また、ストレッチの他にもフラフープ運動もくびれ作りには最適です。

自分に合ったエクササイズを取り入れて、憧れの「くびれ」を手に入れましょう!

 - 筋トレ&ストレッチ