コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

ストレッチチューブでダイエット!トレーニング法をご紹介

      2018/07/14

ストレッチチューブでダイエット!トレーニング法をご紹介

ダイエットのためにトレーニングをしている方も多いのではないでしょうか。

そのトレーニングにストレッチチューブを取り入れてみてはいかがでしょう。

今回は、ストレッチチューブのメリット、おすすめのトレーニングやコツについてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


ストレッチチューブのメリットとは?

まず、ストレッチチューブとはなんでしょうか。

筋トレ用に開発されたゴムチューブですが、ダイエットにも効果的だと最近人気になっています。

なぜ人気なのか、ストレッチチューブのメリットについてご紹介します。

●負荷をかけやすい

ストレッチチューブはゴムですから、その伸縮性を活かして道具なしで行うトレーニングよりも高い負荷がかけられます。

ですから、同じ動きをチューブなしで行うよりも効果が期待できるのです。

●強度が選べる

筋力や性別によって、適切な負荷は変わってきます。

種類も豊富で他のトレーニング器具よりも手頃な値段で手に入れることができるため、今の自分に合ったものを選ぶことができるのです。

●部位を意識しやすい

鍛えている箇所を意識することで、トレーニングの効果を高められるといわれています。

チューブを伸ばしている間は負荷がかかり続けるのですから、意識しやすいといえるのです。

●初心者も使いやすい

トレーニングに慣れていない初心者でも軽い負荷で行えます。

手軽にできるので持続しやすく、ダイエットの効果も期待できます。

●手軽で安全

コンパクトにしまえて持ち運びも簡単にでき、軽いため落としてもケガをにしくいので安心です。

ストレッチチューブは自分に合ったものを!

ストレッチチューブは種類もたくさんあります。

大まかに分類すると4種類に分けられます。

それぞれ特徴がありますから、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

【ひものタイプ】

自由にカットすることができます。

持ち方や長さも調節がしやすく、自分のサイズに合わせやすいタイプです。

強度も変えやすく、いろいろなトレーニングに使用できます。

初心者向きともいえるでしょう。

【持ち手のあるタイプ】

ひもの両端に取っ手がついていて持ちやすいのが特徴。

上半身のトレーニング向きで脚を使って行う場合は、素材など注意が必要です。

【幅が広くて平らなタイプ】

結んでもほどきやすく、強度の調節が重ねたり結ぶことで自由にできるタイプ。

端を固定したり、長さをカットできたりと自由度が高いものです。

薄いため、劣化に弱いのが難点です。

【輪になったタイプ】

平らに輪になっているので、手や脚を入れやすい作りです。

お尻や内ももなどダイエットに使いやすいでしょう。

体幹を鍛えるためにプロも取り入れています。

ダイエットに効果的なトレーニング【二の腕】

ここからは、ダイエットにも効果的なストレッチチューブを使ったトレーニングをご紹介していきます。

まずは、二の腕を引き締めるトレーニングです。

テレビなどを見ながらでもできるものなので、取り入れやすいでしょう。

【たるみ解消トレーニング】

①ストレッチチューブの片方の端を両脚で踏んで固定し、反対側の端を片手で持ちましょう。

②肘を曲げて手を頭の後ろに持っていき、チューブをたるまないように持ったらスタートです。

③チューブを持ったまま肘を伸ばしていき、小指側が天井へ向かうようにします。

④ゆっくりと肘を戻してスタートの体勢に戻りましょう。

⑤チューブを反対の手に持ち替えて左右行いましょう。

【上腕三頭筋のトレーニング】

①前後に脚を開いて立ったら、後ろ側の脚でストレッチチューブを踏んで固定します。

後ろ側の脚に体重をかけるようにして立ちましょう。

②両手でチューブを持ったら肘を曲げ、手を頭の後ろにまわします。

③そのままの状態で頭に肘をつけましょう。

④そのまま頭の上に腕をまっすぐ伸ばしていきます。

ゆっくりと1分行いましょう。

ダイエットに効果的なトレーニング【おなか】

次に、おなかまわりの筋肉を鍛えるトレーニングをご紹介します。

続けることで、ダイエットに効果が期待できますから、ぽっこりおなかの解消を目指しましょう。

【くびれに効果的なトレーニング】

①脚を肩幅に開いて立ったら、ストレッチチューブの片方の端を右脚で踏んで固定します。

②両手で反対側の端を持ったら斜め左上へとチューブを伸ばしていきましょう。

腰やお尻の筋肉を意識して、伸ばすときに腰をひねる動きをプラスすると、さらに効果的です。

③ゆっくりと右肘のあたりへとチューブを戻します。

④元の体勢に戻ったら左右を変えて12回ずつ行いましょう。

【脇腹を鍛えるトレーニング】

①床に座り、45度くらいになるよう上半身を起こしたら、膝は少しだけ曲げておきます。

②ストレッチチューブを両脚の裏に引っかけ、チューブの端を持って体の真ん中あたりにくるようにします。

肘を曲げずにももの上あたりにチューブをピンと張りましょう。

③チューブを持ったまま腰の右横に両手がくるようにします。

④脇腹を意識してゆっくりと左右12回ずつ行いましょう。

ダイエットに効果的なトレーニング【脚】

ここでは、脚痩せに効果的なトレーニングをご紹介します。

【脚痩せトレーニング】

「足パカ体操」という、人気のエクササイズにストレッチチューブをプラスしてダイエット効果を高めましょう。

①床に仰向けに寝て、ストレッチチューブを両方の足首にひっかけます。

②膝を曲げないように両脚を上げて「開いて閉じる」を繰り返し行います。

③10回×3セット行いましょう。

左右と前後に開閉することができますから、それぞれ行うといいでしょう。

【もものトレーニング】

①ストレッチチューブを両膝に引っかけて椅子に座ります。

②そのまま膝の開閉を繰り返します。

③10回×3セット行います。

【内もものトレーニング】

①ストレッチチューブの片方の端を柱や机の脚に固定して、反対側の端を右足首に引っかけてまっすぐ立ちます。

チューブを輪にして両足首にかけてもOKです。

②右脚が左脚の外側へ向かうようにチューブを引きます。

内ももの筋肉を意識しましょう。

③左右10回ずつ行います。

ストレッチチューブをさらに効果的に行うには?

ダイエットに効果的なトレーニングをいくつかご紹介しましたが、ここではトレーニングのコツをご紹介します。

●筋肉を意識する

鍛える部位の筋肉を意識して行いましょう。

鍛えたい部位にきちんと負荷がかけられているか、確認しながら行うことが大切です。

●呼吸に気をつける

ストレッチチューブを引く際に息を吐いて、戻す際に息を吸うようにします。

呼吸を止めて行うと血圧が上がり、心臓にも負担となるため気をつけましょう。

●姿勢を保つ

ストレッチチューブを引くほどに負荷は大きくなります。

辛くなってくるときにだんだんと姿勢が崩れてしまうと、効果も出ず、思わぬけがにもつながりかねません。

負荷が大きくなってきても姿勢を保つように気をつけましょう。

●ゆっくり行う

ストレッチチューブの反動を利用しないように、姿勢を戻すときはゆっくり行います。

そうすることで、インナーマッスルを鍛えることができます。

●やりすぎない

やりすぎてしまうとインナーマッスルだけでなく、アウターマッスルも鍛えることになり、筋トレと変わらなくなってしまいます。

ムキムキの筋肉をつけることを目指していないのであれば、呼吸がきちんと行える程度の負荷で十分です。

ストレッチチューブでダイエットを頑張る!

ストレッチチューブは、初心者からしっかり鍛えたい人まで使用することができ、トレーニングの種類も豊富にあります。

インターネットにも様々な情報や動画もありますから、毎日のトレーニングにストレッチチューブを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ダイエットをさらに効果的に行うためにもストレッチチューブはおすすめです。

呼吸を続けてゆっくり行うことを意識してトレーニングに励んでください。

 - 健康/食事/ダイエット, 症状・目的別, 筋トレ&ストレッチ