コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

ヨガなどを始めるとおこる好転反応とは?腰痛も含まれる?

      2018/07/15

ヨガなどを始めるとおこる好転反応とは?腰痛も含まれる?

体の代謝はヨガや気功といったボディワークをすると、より活性化されます。

その中で好転反応と呼ばれる症状が出ることがあります。

人によりさまざまですが中には腰痛や発熱など、病気のような反応が出てしまうこともあります。

好転反応とは東洋の考え方ですが、ボディワークをすすめるうえで理解しておくべき症状です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


好転反応とは?

体は毎日代謝を繰り返します。

この代謝はもともと体に備わっている機能なので、なにもしなくても起こります。

しかし、ヨガなどのボディワークを進めていくと、この代謝がより活発になると言われています。

活発化した代謝の結果、体には腰痛や頭痛などの痛みや体のだるさなどのさまざまな反応が起こります。

これらの症状を総合して「好転反応」と呼びます。

好転反応はもとは東洋医学からくる考え方です。

「瞑眩(めいげん)」とも呼ばれます。

この好転反応の症状はデトックス効果とも紹介され、主に体の悪い部分に多く現れます。

症状が出る間は辛い期間になるので、やり方が合わないのかと不安になるかもしれませんが、反応が弱まり始めると体には良い効果が表れ始めます。

腰痛も好転反応だった!好転反応のおもな症状

今までなにもしていなかった人が、ヨガや気功などのボディワーク、また断食などを始めると体は溜まっていた毒素を外に出そうとしてさまざまな好転反応を起こします。

反応の種類は多く、段階を踏んで発現しますので、順を追ってご説明していきます。

①反応期

始めたボディワークなどにより、今まで働きの鈍くなっていた自律神経が働きだしたことによる反応です。

崩れていたバランスを元に戻そうとする時期なので、さまざまな症状がでて驚くかもしれません。

体の中が改善していっているのだと理解しましょう。

【主な症状】

だるさ、眠気、疲労感、便秘、のどの渇きなど

②排泄・浄化期

反応期を経て、神経活動の正常化や血液循環の改善によって細胞が活性化し、体内の老廃物や不純物が排泄されていく時期です。

【主な症状】

下痢、頻尿、発汗、湿疹、吹き出物など

③修復・回復期

細胞の新陳代謝がすすみ、修復活動が活性化する時期です。

細胞の本来の機能を回復しながら免疫力や抵抗力が高まり、体の持つ自然治癒能力が発揮されて体内の悪い部分を修復していきます。

【主な症状】

胃痛、頭痛、吐き気、腰痛、動悸など

健康のためにヨガを始めたら頭痛や腰痛が・・・ヨガによる好転反応とは

ヨガを始めるきっかけは、「体にいいから」「健康的だから」という人が多いのではないでしょうか。

しかし、そのようなきっかけで始めたヨガで好転反応がでて、かえって体調が悪くなったと感じる人もいるでしょう。

もともとの腰痛がひどくなったり、今までになかった頭の痛みや体の不調が表れてきますので、そう思ってしまうのも仕方ないのかもしれません。

ヨガで起こる主な好転反応は、前の項目でご紹介した内容と変わりありません。

ただし、人によって出る症状に違いがあります。

どのような症状であっても、体内のいらないものが外へ出されているのだと理解しましょう。

また、感情に現れる反応もあります。

ヨガをしているときや終わった後に、怒りやイライラ、悲しい気持ちになってしまうことがあります。

そのような気持ちになっても、感情に呑まれずに一歩引いた気持ちになり、自分がいま、どのような感情なのか観察してみましょう。

体にでる反応も心に起こる反応も、溜まっていたものが外へ出ていくことに変わりはありません。

良くなっている過程でのものですので、深刻にならずに受け止めましょう。

ヨガのほかにもある!症状の出やすい人の特徴

好転反応はヨガだけで起こるものではありません。

マッサージやファスティング(プチ断食)を行った時にもでる場合があります。

そもそも体内の状態を良くしようと何か活動を始めたときに起こるものですので、普段と違う食べ方や運動をすれば必ずと言っていいほど何かしらの反応が起こります。

そしてこの好転反応が出やすい人、出にくい人と、差がある場合もあります。

出やすい人というのは、今までに特に運動をしたり食生活の見直しをせず、初めてヨガやファスティングを行ったという人です。

今までの生活で溜めてきた老廃物や不純物が体外へ出ようとして下痢や吹き出物が増えたり、動かさなかった筋肉や関節を動かすことで腰痛や関節の痛みを引き起こしたりします。

このような人は、良かれと思って始めたことが裏目に出たと思うかもしれません。

辛いようであれば、ゆっくり少しずつ進めていきましょう。

好転反応は悪いことではないので、体のことを思うのであれば、わずかでも続けていくことが改善への近道です。

腰痛などの症状が出る間はヨガをやめるべき?

ヨガなどを始めてから好転反応が強く出て、辛くなることもあるかもしれません。

特に腰痛など、普段の生活にも支障があるような痛みだと、止めてしまった方がよいのでは?と思うでしょう。

しかし、辛さに負けてヨガを止めてしまったり薬で痛みなどの症状を抑えることは、正しい対処法ではありません。

何度もお伝えしていますが、好転反応とは体に溜まった不要なものが外へ出されているいわゆるデトックスの時期なのです。

この時期にきっかけとなったヨガを止めてしまうと、デトックスが中途半端になってしまいます。

また、薬で痛みを抑えることも、次第に薬に頼る生活へとすすんでしまいますので、おすすめできません。

好転反応で辛い時には「抑える」のではなく、「促す」ように対応していきましょう。

まず水分を多く摂りましょう。

体内の老廃物の排出には、水分をしっかりととることが大切です。

また、入浴などで体を温めることも排出を促す効果があります。

腰痛などの痛みが強い場合には、ストレッチなどを行ってもいいでしょう。

反応の種類によっては辛いものもありますが、体が良くなっていくサインでもあるので、急にやめたりせず、少しずつでも続けていけるよう工夫していきましょう。

好転反応が終わると?

好転反応で起こる症状は人それぞれです。

また、その期間も個人によってさまざまです。

好転反応が出ている時期は、腰痛などの痛みや不調に襲われて気持ちまでナーバスになってしまうかもしれません。

しかし、できるだけ前向きに受け止め、モチベーションを落とさないように過ごしたいですね。

痛い・ツライといった感情だけで過ごしたのでは、せっかく体が良くなろうとしていることの妨げになってしまいます。

好転反応を超えると体は元の状態よりももっと研ぎ澄まされ、良い状態になります。

それは、毎日の生活の動作などでも感じられるようになるでしょう。

ヨガをきちんと続けていれば、今までできなかったポーズや動きができるようにもなっていきます。

好転反応とは体が本来の状態を取り戻すための重要な過程なのです。

不調もポジティブに捉えよう

どうしても痛みが出たり辛い症状に襲われると、続けていたことを止めてしまいたくなります。

しかし、ヨガにしてもそのほかのボディワークにしても、体にいいからと始めたことのはずです。

たしかに好転反応には辛いものが多いですが、良い状態になるための一時的なものだとポジティブに考え、少しずつでも止めることなく続けていきましょう。

 - 筋トレ&ストレッチ, 腰痛