コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

肩こりでめまいが起こる?理由や改善方法などをご紹介

      2018/07/21

肩こりでめまいが起こる?理由や改善方法などをご紹介

肩こりは思ったよりも深刻な悩みですよね。

その中でも、肩こりに伴ってめまいを経験したことがある方もいるかと思います。

実は、肩こりがめまいの原因となる可能性もあるのです。

そこで、この記事では肩こりからくるめまいに着目し、それが起こる理由や改善方法などについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


肩こりはめまいを併発することも!早めの改善がカギ

パソコンやスマートフォンなどが主流になっている現代では、肩こりが悩みの種となっている方も少なくはないはずです。

肩がこり固まり張っているだけで何をするにも憂鬱になりがちですが、肩こりが悪化するとめまいの症状も併発する可能性があります。

他には、首の痛みや張り・視界がぼやける・吐き気・頭痛などの症状が引き起こされてしまう場合があり、注意が必要です。

肩こりだけでなくめまいなども同時に発症してしまうと、今までよりもさらに辛い思いをすることになってしまいますよね。

ただの肩こりだからと、放置しておくとさらに肩こりが酷くなってしまう危険性があるので、早めに肩こりを改善することが重要です。

この記事では、後ほど肩こりの改善方法をご紹介しますので、特に少しでも肩こりの症状が見られるという方には試していただきたいです。

肩こりからくるめまいとは?めまいの種類

めまいといってもいくつかの種類があります。

では、肩こりからくるめまいはどの種類なのでしょうか?

こちらでは、めまいの種類について考えていきましょう。

●浮動性めまい

身体がフワフワと浮いているような感覚になります。

姿勢を維持するのが難しい場合も多いようです。

●動揺性めまい

身体や頭がグラグラ、フラフラする感覚になります。

ふらついて上手く歩けなくなる場合もあります。

●回転性めまい

自分や周りがグルグルと回転しているような感覚になります。

また、壁などが流れるように見える場合も多く見受けられます。

●立ち眩み

立った瞬間にクラクラする感覚になります。

また、長時間立った状態で、目の前が突然真っ暗になる場合もあります。

以上のような種類が挙げられます。

その中でも、特に肩こりと関わりが深いものは動揺性めまいと浮動性めまいです。

また、珍しいケースですが、回転性めまいの症状の一部が引き起こされる可能性もあるといわれています。

これらのめまいの症状が見られたら、根本の原因である肩こりを改善することが必要となってきます。

どうして肩こりからめまいを発症するの?

先ほどは、めまいの種類についてお伝えしました。

では、なぜ肩こりになると同時にめまいを発症してしまう可能性があるのでしょうか?

実は、筋肉がこり固まり、緊張感がある状態になることがめまいの原因といえます。

肩こりが生じて肩の筋肉が緊張して、こり固まったり張ったりした状態になります。

そして、肩こりが悪化すると首、頭の筋肉までも緊張してしまいやすくなり、血液循環が悪くなることにつながります。

その影響で頭痛の症状が現れると、頭が重く感じ、痛みも出てしまうことも多く、それが動揺性めまいや浮動性めまいを招くことがあります。

また、ずっと筋肉の緊張がある場合には、感覚に関する情報を筋肉から上手く読み取れなくなり、目や耳から得た情報と一致しなくなることがあります。

そうなると、脳がついていけなくなって混乱状態に陥ってしまい、結果的にめまいにつながるのです。

以上のように、肩こりとめまいの関係性は深いといえます。

次項からは肩こりやめまいの改善策についてお話ししていきます。

他の症状もあるなら病院に行くべき

ただの肩こりだから…と軽く考えていては危険な場合があります。

肩こりやめまいの症状が改善されずに続いているだけではなく、その他にも体の不調が現れたら脳の病気を発症しているかもしれません。

例えば、以下の通りです。

・腕や足の筋肉が衰えている
・嘔吐や吐き気がある
・重度の頭痛がある
・視界がぼんやりしたり、物が二重に見える
・意識が朦朧とする、意識を失う
・ろれつが回らず、上手く話せない

肩こりやめまいと同時にこういった症状が現れた場合には、無理をせずに医療機関に出向き、診察を受けて医師の指示を仰ぐことが必要です。

また、嘔吐・吐き気を感じる場合は他にも注意したいことがあります。

メニエール病などの耳の病気はその症状の一部として吐き気が挙げられるので、念頭に置いておいてください。

耳の違和感や圧迫感を感じたり、耳鳴りが続いたり、聞こえにくいと感じる場合にも、そのまま放置せずに医療機関に出向くのが賢明です。

肩こりやめまいを改善するには?①

肩こりやめまいをなんとか改善したいという方もいるはずですよね。

ここから2項にかけて、肩こりやめまいの対策についてお話ししていきます。

まず、ストレスを溜めない、上手く発散することです。

ストレスと肩こりは一見関係性がないように思えるかもしれませんが、ストレスも肩こりの原因になります。

同じ肩こりでも、筋肉の疲労や姿勢の悪さから招かれる肩こりは、早い段階で改善できるケースも多く見受けられます。

しかし、なかなか改善できないようなしつこい肩こりは、ストレスからくるものかもしれません。

過度なストレスは筋肉の緊張につながり、血管が縮こまるため、結果的に血行が悪くなってしまいやすくなります。

肩こりに困っている方の中には、毎日残業で長時間労働であったり、忙しく過ごしていて過度なストレスがかかっている方もいるのではないでしょうか?

最善なのはストレスを極力溜めないことですが、なかなか難しいですよね。

その場合は、自分に合うストレス発散方法を見つけるのが1番良いでしょう。

友人や家族など親しい関係の人に悩んでいることを打ち明けたり、何か熱中できそうな趣味を見つけたり、旅行にいってリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

運動をして気分転換をしたり、好きなアロマを楽しんだりするのもおすすめです。

ストレスが溜まっている状態で肩こりになってしまうと、さらに肩こり自体が余計なストレスを加えてしまう、なんてこともあります。

上手にストレスと向き合って生活できたら良いですよね。

肩こりやめまいを改善するには?②

引き続き、肩こりやめまいの改善方法についてお伝えしていきます。

こちらでお話しするのは、運動不足についてです。

運動不足も肩こりの原因になり得ます。

特に、デスクワークが多い方や普段運動する習慣がない方は注意したいですよね。

適度な運動は血液循環を良くし、筋力も維持してくれる効果が期待できます。

そのため、肩こりやめまいの改善だけではなく予防策としてもピッタリなのです。

激しい運動ではなく、ウォーキングやストレッチ、ヨガ、ラジオ体操など体への負担が軽いものでも十分だといわれています。

どれも、比較的体への負担が少なく、続けやすい運動なのではないでしょうか。

また、上述しましたが、適度な運動はストレス解消にも役に立つでしょう。

そして、やはり運動は習慣にしてしまうのが肩こりを発症しにくい体にする近道です。

無理のない時間、範囲で自分の生活サイクルに取り入れやすい運動を行ってみてくださいね。

肩こりやめまいは改善できる

この記事では肩こりからめまいを発症する理由や改善方法などについてお話ししましたが、参考になりましたか?

めまいの症状を解消するには、根本の原因である肩こりを改善することが必要となってきます。

軽い運動習慣を取り入れてみたり、ストレスと上手く向き合い発散していくことが大事です。

また、肩こりやめまいの他にもお話ししたような症状が見られたら、医療機関で受診するのが賢明です。

 - 肩こり/痛み, 頭痛 対策