コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

肩こりで吐き気やめまいが!根本的な部分から解消しよう

      2018/07/26

肩こりで吐き気やめまいが!根本的な部分から解消しよう

近年、長時間のデスクワークやスマホなどで、肩こりの症状を訴えている人が増えています。

肩こりがひどくなると、吐き気やめまいまですることがあります。

なぜそのような症状がでるのか、その原因と解消するための対処法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


肩こりが原因で吐き気やめまいが起こる?

肩こりの原因には、姿勢の悪さや運動不足、冷え性やストレスが原因で起こります。

肩こりと吐き気・めまいは一見関係性のないように思いますが、肩こりが原因で吐き気やめまいを引き起こすことは珍しいことではありません。

肩こりによって、起こるめまいのことを「浮動性めまい」といいます。

これの症状の特徴は

・頭がふらつく
・体が揺れているような感覚になる
・気が遠くなる
・立ちくらみ

などがあります。

そして、めまいの中でも「回転性めまい」がまれに現れることがあります。

これは、目が回ったり、天井や壁が回ったり、流れるように見えることが特徴です。

めまいの症状がひどくなると、吐き気を伴うこともあります。

では、なぜ肩こりでめまいや吐き気が起こってしまうのでしょうか。

肩こりでめまいや吐き気が起こる理由は?

上記でもお話ししたように、肩こりになるのはいくつかの原因があります。

その中でも多いのが、「姿勢の悪さ」と「ストレス」です。

近年では、デスクワークで常にパソコンと向き合っていたり、スマホやテレビなど同じ姿勢で長時間同じものを見続ける、という機会が増えてきています。

常に同じ姿勢、ということは筋肉が緊張している状態になりやすいため、肩こりを引き起こしやすくなります。

また、ストレスも同様に肩こりの原因と考えられます。

人はストレスを受けると、交感神経が優位に働くので、血管や筋肉が緊張状態になります。

脳は、目や耳から入ってきた情報を関節や筋肉に伝えて脳で整理し、バランスを保っています。

しかし、肩こりによって筋肉の緊張状態が続くと、脳へ情報が上手く伝わらず感覚が乱れてしまいます。

そのため、脳が混乱を起こし、めまいや吐き気の症状が出るのです。

実は、めまいを訴えている患者の9割に首や肩のこりがあることが分かっています。

肩こりが原因で、めまいや吐き気の症状がある方は、肩や首、頭周辺の筋肉をほぐすことで、解消させることができます。

めまいや吐き気を解消するにはストレッチなどの運動が大切

ここまで、肩こりを引き起こす原因についてお話ししてきました。

肩こりに悩まされている方は、思い当たるような内容が1つでもあったのではないでしょうか。

多くの方が悩まれている肩こりですが、実は肩こりというものは有効な解決策が確立されていません。

肩こりで悩んで医療機関へ行ったとしても、処方されるのはこりを軽減する湿布が主でしょう。

湿布は肩こりを軽減する効果は望めますが、根本的な解消は期待できません。

根本的に肩こりを解消するためには、やはり運動やストレッチなどで肩周りを動かすことが重要です。

特にデスクワークなどの場合、常に同じ姿勢ですから肩周りだけでなく体全体の血流が悪くなっていることも考えられます。

仕事中でも、できる範囲で座りながらストレッチをしたり、足を上下に動かしてみたりして体を動かすことを意識してみましょう。

なお、肩こりが原因でめまいや吐き気がする場合は、安静にしていれば収まることもあります。

めまいや吐き気の症状があるときは、無理をせず静かな場所で横になり、休憩を取るようにしましょう。

そして、めまいや吐き気が収まったら、ストレッチなどで肩のこりを解消していくとよいでしょう。

めまいや吐き気を解消する肩周りストレッチ方法

ストレッチをすることで、肩こりからくるめまいや吐き気の解消が期待できます。

簡単にできる、ストレッチ方法をご紹介していきましょう。

●座った状態でできるストレッチ方法①

1.椅子に座った状態で、脇と肘を体にぴたっとくっつけます。

2.脇と肘を締めた状態のまま、肩を前後に10回回します。

3.肩を回すときは、肩甲骨が動くのを意識して行いましょう。

●座った状態でできるストレッチ方法②

引き続き、座った状態でできるストレッチ方法をお伝えします。

1.両手を組みます。

2.両手を組んだまま、両腕を頭上に目一杯伸ばします。

その際、手の平が上になるようにしてください。

3.この状態で10秒キープします。

4.今度は両手を組んだまま、前方へ目一杯伸ばします。

5.この状態で10秒キープします。

●座った状態でできるストレッチ方法③

1.肘を90度に曲げ、上に上げます。

2.息を吐きながら、顔の前で肘と肘をくっつけます。

3.次に、息を吸いながら今度は胸を開くように、肩甲骨を寄せていきます。

4.最後に、両腕を頭にくっつけた状態で頭上に伸ばし、手の甲と手の甲をくっつけます。

5.この状態を10秒キープします。

以上、座った状態でできるストレッチ法です。

デスクワークで肩がこり固まっている方は、仕事中や休憩時間に試してみてくださいね。

毎日少しずつストレッチをすることが大切

慢性的な肩こりをお持ちの方は、めまいや吐き気などの症状が出ることもあります。

また、常に体の調子が優れないと感じる人も多く「とにかくゆっくりしよう」と休む方向へと考えてしまいがちです。

しかし、ストレッチや運動などでこりをほぐさない限り、肩のこりは一向によくなりません。

湿布やマッサージ店などで肩こりを解消する方法は、その場限りは良いかもしれませんが、根本的な解決にはなりません。

毎日少しの時間でもいいから、肩周りのストレッチや運動をしていくことが大切です。

また、ストレッチと共に、肩周りを温める方法もおすすめです。

肩を温めることで、血行がよくなり筋肉の緊張がほぐれやすくなります。

ストレッチの前に、使い捨てカイロやホットタオルなどを使って肩のこりをほぐしておくと、さらに効果が期待できます。

肩のこりをほぐすことができれば、めまいや吐き気などの症状も改善するはずです。

肩こりが解消されてもめまいが改善されない場合は他の病気の可能性も?

ここまで、肩こりを解消するためのストレッチ方法をお伝えしてきました。

根本的に肩こりを解消するためには、やはり肩周りを動かしてこりをほぐしていくしかありません。

もし、ストレスによって肩がこっている状態であれば、息抜きをしてリフレッシュする必要があります。

適度に運動をしたり、自分の趣味に没頭したりとストレスを上手く軽減していきましょう。

しかし、このようなことをしてもめまいや吐き気が収まらないときは、もしかしたら他の病気が潜んでいるかもしれません。

というのも、めまいを引き起こすとされる原因は肩こり以外にも多くあり、耳や脳が原因で起こる場合もあります。

もし、ストレッチや運動を行って肩こりを解消してもめまいが一向によくならないときは、他の病院に行き診察を受けるようにしてください。

慢性的な肩こりを解消しよう

ここまでご紹介した通り、肩こりが原因でめまいや吐き気が起こることもあります。

このような症状を放って置くと、普段の生活に支障が出る場合も考えられます。

やはり肩こりを解消するためには、適度な運動は欠かせません。

日ごろからストレッチなどを行い、肩のこりを解消しましょう。

 - 肩こり/痛み, 頭痛 対策