コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

      2018/08/07

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがありますよね。

特に、お仕事などで毎日、ほぼ運転していなければならない場合は、腰痛改善は重要です。

今回は腰痛対策として、クッションなどのグッズやストレッチなどをご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


運転と腰痛の密なる関係!

運転時や運転後の腰の痛みは、なぜ起こるのでしょうか。

腰痛対策グッズのご紹介の前に、簡単にご説明します。

まず、姿勢の悪さが原因として挙げられます。

猫背だったり、足を片足シートに上げたり、片方に重心をかけたような座り方をしていると、腰痛が起きやすいです。

あまり長時間座ったり運転したりしない人の場合、姿勢良く座らずに体の特定の部分に重心をかけると、腰や肩、背中の痛みにつながります。

運転する時は、なるべく深く腰掛けて背筋が伸びるようにしましょう。

そして、シートの位置や角度も確認してみましょう。

前過ぎると窮屈ですが、後ろ過ぎると浅く腰掛けることになり疲れやすくなってしまいます。

浅く腰掛けるなら、背筋をピンと伸ばすように意識されるといいでしょう。

また、運転時の腰痛の原因としては、振動が腰に響くということや、アクセルを片足で踏むため左右の足の力のバランスが崩れるということも考えられます。

座りっぱなしは実はこわい!腰痛対策って?

ただ、運転姿勢などに気をつけていても、長時間座っているということが体に良くないことは明白です。

「エコノミークラス症候群(急性肺血栓塞栓症)」という症状がありますよね。

飛行機のエコノミークラスに乗っていて、長時間硬めの椅子に窮屈な状態で座り続け、血流がとどこおってしまい、血栓ができて死に至ることもあるのです。

また、立っていると体重は足に分散されますが、座っていると、体重はお尻や腰に集中してしまいます。

同じ姿勢で長時間居続けると、筋力も落ちて代謝も低下して、血行も悪くなります。

それが、さらに腰痛を悪化させるのです。

それでは、どのような腰痛対策をすることが効果的なのでしょうか。

次項からはいよいよ、ドライバーの方にもよく使われているグッズをご紹介します。

運転時の腰痛対策グッズ

運転中の腰痛対策グッズとして、多くの方が思い浮かべるのはクッションだと思います。

さまざまな形や硬さのクッションが売っていますよね。

カーショップ以外にも、雑貨屋さんや量販店、100均など、いろいろな場所に売っています。

ネット通販でも人気のグッズです。

そんなクッションですが、座布団のように敷くタイプや、背もたれになるタイプ、肩の上に置くタイプなどがあります。

ドライバーの方で、腰痛で悩んでいるのなら、クッションは一つだけではなく、複数を使うことがおすすめです。

まず、ネッククッションで頭の重さを支え、ウエストクッションやメッシュクッションで腰と背中を安定させます。

そして、お尻の下に置くクッションで、しっかりと骨盤を立たせます。

ウエストクッションを選ぶ時のポイントですが、柔らかすぎずしっかりと体を支えてくれて、カーブが自分の体に合ったものがいいでしょう。

また、汗が染みてしまうので、洗えるタイプのほうが役立ちます。

運転中の腰痛対策!特におすすめなグッズ

運転中の腰痛対策におすすめな、人気グッズをピックアップしてみましたので、参考にしてください。

○【改良版】Aoomiya 腰痛 クッション 車 ランバーサポート 上下ゴムバンド付き シートクッション Aoomiya

こちらは、ネット通販でたくさんの方が高く評価している背当てクッションです。

腰、ウエスト、背中、肩を支えられる大きさで、シートと背骨のカーブの間に生まれる隙間を埋めてくれて、姿勢を安定させます。

ゴムバンド付きなので、座っていないときにも倒れません。

低反発ウレタン製で心地よく体を包み込み、通気性に優れています。

取り外しが簡単なカバーは洗えるので衛生的ですね。

ドライブ時以外でも、座り仕事の方に愛用されているクッションです。

(参考価格・3,299円)

○ウエストクッション ファブリック工房 優yuu

シートと腰の隙間を埋めてくれるウエストクッションですが、こちらの商品は手作業でこだわって作られていて人気です。

厚みの調節もできるので、自分好みの厚さにできます。

調節は、中に入っているソフトパイマーを出し入れすることで行います。

このソフトパイマーというのが座り心地の良さの秘訣になっていて、弾力性がありますし、体の動きに合わせて流動的に変化するので、体圧分散の効果に優れています。

カラーも12色から選べて、シックなブラックやベージュ、ビビットなレッド、ポップなイエローなどさまざまです。

また、ネットを使えば洗濯機で丸洗いもできます。

(参考価格・3,585円)

腰痛対策は色々な視点で

長時間運転していると、目が疲れてくる方もいらっしゃるかもしれません。

眼精疲労は、腰痛とは関係ないと思われがちですが、実は関係している部分があるのです。

目が疲れてくると、よく見ようとして自然に前かがみの姿勢になりがちです。

すると、背中や腰に負担がかかる割合が増えて、腰痛がひどくなってしまいます。

そのため、休憩して目薬をさしたり、視力が落ちているなら度の合ったメガネをつけたり、何らかの対策をとってください。

紫外線が強い場合は、サングラスをかけるといいでしょう。

また、腰痛は冷えると痛みが強くなりやすいものです。

暑い季節は車内をクーラーでキンキンに冷やしている方もいますが、血行が悪くなり腰にはよくありませんので、ほどほどの温度に設定しましょう。

特に、クーラーの風を直接浴び続けるのはよくありません。

クーラーの吹き出し口の設定をする時に、人に直接当たらないような角度にしてみてください。

後部座席に誰かが乗っていないのなら、後ろだけつけて、間接的に涼むようにするのもおすすめです。

サングラスやメガネ、湿布、腰痛ベルトなど、自分の体に合った腰痛対策グッズを使いつつ、車内の環境にも気を配ってみてください。

グッズだけに頼らない!長距離運転の腰痛対策

ここまで、腰痛対策グッズなどのご紹介をしてきましたが、いくら便利な商品があっても、それに頼って何もしないのでは、根本的な解決には至りません。

運転中に体のどこかに力を入れてみたり、座り方を変えたり、貧乏ゆすりをしてみたりして、血流をよくする工夫をすることも大切です。

できれば、車を降りて休憩する時間をとりましょう。

そして、そんな休憩時にはストレッチをしてリフレッシュしましょう。

背伸びをしたり、車に手をかけて上体を前に倒して腰を伸ばしたり、屈伸運動などをしたりして、長時間の運転でガチガチになっている体をほぐしてみてください。

日頃から長距離運転をされる方は、お家でエクササイズやストレッチ、筋トレを習慣にして血流のいい体をつくる努力も必要です。

ラジオ体操も、しっかりやると高い効果が期待できますのでおすすめですよ。

また、睡眠はしっかりととり、食事も規則正しく、栄養のあるものを食べましょう。

厚生労働省がまとめた「運送業務で働く人のための腰痛予防のポイントとエクササイズ」という資料は、一度ご覧になった方も多いと思いますが、とてもためになる内容です。

自分の大切な体のために、ここに書かれていることを、なるべく実践できるといいでしょう。

長距離運転時の効果的な腰痛対策

長距離運転で腰痛をやわらげるグッズをご紹介しました。

姿勢の悪さや眼精疲労、冷え、日常的な運動不足なども腰痛の原因ですので、グッズだけに頼らないでさまざまな対策を考えてみてください。

運送業の方の場合は、重い荷物を運ぶこともあると思います。

腰痛が悪化すると、お仕事に支障が出てしまいますよね。

日頃から、ストレッチなどをして、体を労わってあげてください。

 - 健康/食事/ダイエット, 筋トレ&ストレッチ, 腰痛