コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

      2018/08/08

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう多くはありません。

間違った歩き方は、足元だけでなく体全体に影響を及ぼします。

特に靴底の内側が擦れるという人は、骨盤に不具合があることが多いので注意が必要です。

今回は、内側にすり減ってしまう症状を中心に、歩き方、靴底の擦れる場所からわかる体の不調と歪みの治し方をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


靴底の内側が擦れるってどういうこと?正しい靴底の擦り減り方とは

靴の内側が擦れるのは特に女性に多く見られます。

ハイヒールを履く機会の多い女性は、立っているだけで両足に大きな負担をかけています。

その負担をかけたままクセの付いた歩き方をしていると、お腹やお尻などに脂肪が付きやすくなって体型が崩れたり、腰痛を引き起こしてしまいます。

次の項目から靴底の擦り減り方を度説明しますが、まずは靴底の正常な擦り減り方について知っておきましょう。

正常な靴底の擦り減り方とは、親指の付け根とかかとの部分が、左右で同じくらいに減っている状態のことです。

左右の擦り減り方が不均等だったり、擦れる位置がずれている場合は、姿勢が悪くなっている可能性があります。

歩くときの体重のかかり方は、かかとから足の裏を通り親指のつま先へとゆるいS字を描くのが正常な状態です。

正しく歩けていれば、擦り減りが偏ることはありません。

あなたの靴はどうですか?

偏りのある擦り減り方をしている場合は要注意です。

靴底の擦れる場所チェック…その1

普段、自分が履いている靴をチェックしてみましょう。

前の項目でもお話ししましたが、靴底の擦り減り方から体の状態が分かります。

部分別にご説明していきますね。

●内側がすり減る

靴底のかかとの内側が擦れるのは「内股」「X脚」の人に多く見られるものです。

猫背だったり膝を曲げて歩くクセのある人にも見られます。

かかとと小指に重心がかかるため、タコや魚の目に悩まされることも多いようです。

●かかとの外側が擦れる

一方こちらは「ガニ股」や「O脚」が原因の擦り減り方で、体の重心が足の外側にかかることがその理由です。

腰や膝に負担のかかる歩き方をしている可能性があります。

内側、外側とすり減る場所が靴底の側面にあると、脚の見た目の状態にも影響があります。

特に内側が擦り減っていくのは女性に多く見られ、ヒールを履き出したたことが原因となる場合が多いです。

靴底の擦れる場所チェック…その2

引き続き、靴底の擦れる場所をチェックしていきましょう。

●擦れる部分が左右で不均等

足を引きずるように歩くクセがあったり、骨盤に歪みがあると、このような擦り減り方になります。

まれに肩こりや頭痛の症状が出てくることもあるので、体の歪みを直したり足の筋肉を鍛えるなどの対策が必要です。

●つま先部分の擦り減りが多い

前かがみになって歩くクセがあるため、このような擦り減り方をします。

また、高いヒールやサイズの合わない靴を履いてもつま先だけが減ってしまいます。

いかがですか。

あてはまるものがある人は、擦り減りの原因を特定して正しく歩く対策をしましょう。

たかが靴の擦り減りで?と思わずに、早いうちから対処することで大きなトラブルを防ぐことができます。

長年の習慣で付いてしまった歩き癖は、すぐに直すことは難しいかもしれません。

しかし、意識を変えるだけでも少しづつ良くなっていきます。

次の項目では、靴底の内側が擦れるタイプに注目して、体への影響などをご説明していきます。

靴底の内側だけが擦れる!体に起こるトラブルとは

靴底の擦れる場所や量などは、人それぞれ個人差があります。

その中でも特に注意したいのは内側が擦れるタイプです。

このタイプは、骨盤が歪んだりずれたりしやすい傾向にあります。

骨盤が歪んでしまうと、姿勢が悪くなり、腰痛などを引き起こします。

さらに、歩くときの体重が太ももの外側へかかるため、足の筋肉が異常に発達して太くなってしまいます。

このような擦り減り方を防ぐには、日常生活の中で骨盤の歪みをひどくしないよう注意して過ごすことが大切です。

例えば座り方ですが、椅子などに浅く腰掛けるのは骨盤が安定せず負担になるので、深くしっかりと座るようにします。

姿勢も、すっと伸ばして骨盤と床が垂直になるように意識しましょう。

立ち方については、両足に均等に体重をかけるように心がけ、頭、首、背筋のラインがまっすくになるように保ちましょう。

これだけのことでも、足への負担は軽減されます。

また、骨盤の位置を戻すストレッチなどを行うと、より安定した姿勢を維持することができます。

正しい歩き方で靴底が内側や外側に擦れるのを防ごう

ご紹介した靴底の擦り減り方に当てはまるものがある方は、正しい歩き方を心がけましょう。

美しい歩き方やモデルのようなウォーキングをマスターする必要はありません。

日常の中で、できるところから始めていきましょう。

内側だけ、あるいは外側やつま先だけというように極端に靴底が擦れる歩き方をしている方は、骨盤の矯正もしながら正しい歩き方を実践しましょう。

【極端な擦れ方を直す正しい歩き方】

まずは立ち方です。

まっすぐ立った時のつま先がどんなふうになっているか確かめてみましょう。

過度に外側を向いていたり、内側に向いたりしている場合は、まっすぐ正面に向くように意識します。

歩き出す時は、必ずかかとから着地して、地面から足を離す時は親指の付け根で蹴りだすようにします。

最初はなかなか慣れなくて難しいかもしれません。

ひとつずつ意識してやってみましょう。

歩き方を正すのは時間がかかることですが、まずは意識をするところから始めて徐々に直していきましょう。

体の歪みを直して靴底の擦れを正常に

「体の歪みは足裏から」と言われるように、骨盤や骨格の歪みと足の裏とは、密接な関係にあります。

歩き方と体の歪みの両方を改善していくことで、靴底が内側や外側に極端に擦れる、左右の擦れ方が不均等などといった状態の改善に繋がります。

歩き方については、前の項目でお話しした方法を実践していきましょう。

それだけではなかなか改善していかない場合には、足裏へテーピングを施したり骨盤ベルトなどを活用してみましょう。

もっとしっかり良くしていきたい時には、整体院などで施術をお願いするのもひとつの方法です。

自分に合った改善方法が分からない場合にも、良いアドバイスがもらえるかもしれません。。
これらの方法の他に、自分でできるゆがみ改善法としては、開脚運動と股関節整復運動があります。

開脚運動は、外側にずれてしまった大転子と呼ばれる骨盤を支える部分の歪みを整え、上半身と下半身のバランスを整える運動です。

毎日根気よく続けて、上半身が床に付くまで倒せるようになればベストです。

股関節整復運動は、股関節を正常な位置に近づける運動です。

仰向けに寝て片足を曲げ、胸元までしっかり引きつけます。

次に引きつけた足を開いていきます。

この時、膝が伸びてしまわないように膝に手を添えながら行いましょう。

足をまっすぐな状態に戻します。

これを左右5分ほど行います。

これらの運動も取り入れながら体の歪みをなくし、靴底の擦れを改善していきましょう。

靴底の擦れは体の歪んできているサイン

体の中からのサインが見える形になったのが靴底の擦れです。

この擦れ方が正常なものになっていけば、体全体の歪みがなくなってきている証拠なのです。

靴底が擦れているのを見つけたら、どのように擦り減っているのかよく確認し、今の自分の状態にあった解決法を実践していきましょう。

 - マッサージ 整体