コンディショニングのプロ集団「カラダラボ」による健康情報メディア

K-LAB

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

      2018/08/09

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつれ、だんだんと形が崩れてくる場合があります。

O脚は、足の形が崩れてしまったものですが、それにはさまざまな原因が考えられます。

また、O脚は形が悪いだけでなく、健康にも問題がでてくる場合があるので注意が必要です。

ですから、ここではO脚になってしまう原因と、解消するためのストレッチをお伝えしていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

見た目だけじゃなく健康に影響も!O脚はストレッチで改善

子供のころには気にならなかった脚の形でも、大人になるにつ...

風邪で咳が出るときに腰痛が起こることも!その理由は何?

風邪などをひいてしまい、咳が出てしまうこともありますよね...

顔に脂肪の塊のような出来物が発生した!どうすればよいの?

ある日突然、顔に脂肪の塊のような出来物ができた、という経...

靴底の内側が擦れる!偏った擦れ方は体の歪みが原因

人は毎日歩きますが、正しい歩き方を身に付けている人はそう...

靴の内側のはがれや削れが気になったら靴や歩き方を見直そう

自分の履き慣れた靴を見てみましょう。 靴の内側のはがれ...

運転の腰痛防止にはクッションを活用しよう

自動車は私たちにとって欠かせない移動手段となっています。...

長時間運転の腰痛対策グッズをご紹介!ストレッチも重要

長時間、車の運転をしていると、腰が痛くなることがあります...

運動が腰痛予防対策になる?腰痛の対処法も併せて学ぼう!

腰痛があると、何をしていても憂鬱な気分になりませんか? ...

腰部~臀部の痛みの原因を知って日常生活から改善する方法

私たちは日常的に寝たり起きたり座ったりと、様々な動きをと...

腰痛防止に効果を実感!話題になった体操・昔からある体操

腰痛は、一度症状が出ると慢性化しやすいので、腰を使うことが...

腰痛が産後に起きてしまったら?ストレッチで解消しよう!

赤ちゃんを出産後に起きることがある腰痛。 頑張って出産...

知っておきたい腰痛の専門的な治療法 腰椎牽引器具について

国内において腰痛に悩んでいる方は多く、腰痛は有訴率の多い...

腰痛につながっているかも…床や椅子への座り方を見直そう

床や椅子に座る時、どのようなことに気を付けますか? 姿...

腰痛に悩む妊婦さん向きのストレッチをご紹介

妊娠し、毎日大きくなるお腹を支える腰には、とても大きな負...

腰痛で辛い朝に!ベッドからの起き上がり方を工夫する

普段から腰痛を抱えていると、朝ベッドや布団から起き上がる...

腰痛への効果が期待できるツボはどこ?腕周りのツボに注目!

普段から腰痛があると、日常生活にさまざまな支障が出てきま...

腰痛を悪化させないためにもストレッチ!寝ながらできる方法

辛い腰痛から解放されたいと願う人も多いでしょう。 座り...

腰痛改善にはストレッチ?それともヨガ?違いは何があるの?

腰痛で悩んでいる方は、よく「ストレッチが良い」や「ヨガが...

腰痛悪化!?腰痛予防!?スクワットをする際の注意点とは?

下半身の筋肉を中心に鍛えることのできるスクワット。 み...

腰痛をインナーマッスル強化で改善するバランスボール

今ではスポーツやトレーニングをしている方の中では、バラン...

スポンサーリンク


なぜO脚になってしまうのか?

O脚とは、両足をくっつけて立ったとき、膝がくっつかずに膝の間が空いてしまう状態をいいます。

そのO脚ですが、先天的な場合と後天的な場合に分けられます。

まず、先天的な場合ですが、これは骨自体が変形していることによってO脚になっているため、自分で改善することは難しくなります。

ですから、この場合はストレッチなど自力で治すことは難しく、病院での治療が必要です。

しかし、O脚は、ほとんどの方が後天的な理由によって起きています。

後天的に起きる原因は、さまざまあります。

ただ、どの原因も言えることは、「毎日の生活習慣によって起きている」ということです。

例えば、「O脚になりやすい座り方をしている」ことが挙げられます。

具体的には、子供や女性がしやすい、床にお尻をついて脚がM字になるように座ることです。

また、女性がしやすい横すわりもあります。

あとは、男女問わず、椅子に座っているときに脚を組む人がいますが、それもO脚になってしまう原因になります。

これらの動作は全て骨盤を歪ませることになり、O脚になってしまうことに繋がります。

O脚によって起こる体への影響とは?

O脚ですと、見た目が悪いだけでなく、体への良くない影響が出てくることがあります。

体の不調は、もしかするとO脚からきているのかもしれません。

ここでは、O脚であることによって起こりうる体への影響をお伝えしていきます。

O脚は、「骨盤の歪み」により発生します。

そして、骨盤が歪んでしまっていることによって、代謝が悪くなってしまうのです。

代謝が悪いということは、体温を正常にできず冷えてしまったり、脂肪が燃えにくいため太りやすくなります。

下半身が太くなったり、ウエストが細くならない理由は、O脚からきている場合があるのです。

他には、O脚は脚の形の悪さから、まっすぐな脚よりも脚に負担がかかっています。

そのため、体が凝るという体の不調が出てしまいます。

このとき、凝る程度で済んでいればいいのですが、症状が悪化すると腰痛や膝痛になる場合があります。

代謝が悪かったり体が凝る症状を改善するには、ストレッチが効果的です。

また、O脚を治すことにもストレッチが有効ですので、次項では、O脚を治すストレッチをご紹介していきます。

O脚改善にはストレッチを!簡単なストレッチからご紹介

ここでは、O脚改善が期待できるストレッチを3つご紹介していきます。

まず、1つ目です。

仰向けに寝っ転がり、膝を抱えます。

そして、背骨が床に沿うように、体を前後に20回程度揺らします。

このとき、膝を胸につくようしっかり引き寄せるとより効果があり、骨盤の矯正にもなります。

次に、2つ目。

仰向けに寝っ転がり、膝を両方つけたままで立てます。

お腹からお尻を上に持ち上げるようにし、数秒その状態のままキープします。

数秒経ったら元に戻ります。

これを10回程度繰り返しましょう。

膝を両方つけるのがきつい場合は、少し開けても構いません。

体に無理のない程度に行ってください。

これは、お腹のぜい肉をとる効果も期待できます。

最後に、3つ目です。

仰向けに寝っ転がり、膝を両方つけたままで立てます。

次に、膝を両方つけたまま、膝が床につくまで左右に動かします。

回数は、10回程度でOKです。

どれも寝っ転がって簡単にできるストレッチですので、寝る前や朝起きたときにすることをおすすめします。

まだある!O脚改善に効果が期待ができるストレッチのご紹介

O脚改善に効果が期待ができるストレッチはまだありますので、それをこれからご紹介していきます。

まず、膝を床について体を起こし、つま先を外側に向けます。

次に、両手で膝下をつかみながら、お尻を下げます。

お尻を下げた状態のまま数秒程度キープします。

O脚がひどいと負担が大きいストレッチですので、無理のない程度で行ってください。

これは、開いてしまった骨盤を内側に戻す効果が期待できます。

次に、2つ目のストレッチです。

仰向けに寝っ転がり、膝を両方つけたままで立てます。

脚を組み、上になっているつま先を下の足に絡ませます。

10秒程度キープできたら反対も同様に行います。

このストレッチは、脚を矯正する効果が期待できます。

あとは、3つ目のふくらはぎを伸ばすストレッチです。

まず、床に座って上半身を起こします。

片方の脚を伸ばし、もう片方の脚は膝を曲げてたたみます。

伸ばしている脚の方へ上半身を倒します。

反対も同様に行い、数回繰り返すだけです。

どれも簡単なストレッチですが、続けることによって矯正がキープされますので、毎日の日課にするといいですね。

O脚で緊張している筋肉を矯正!筋肉に注目したストレッチ

脚の筋肉が緊張しているとO脚に繋がります。

ですから、ここでは脚の筋肉をほぐすストレッチをご紹介していきます。

まず、太もも横にある筋肉からほぐしていきます。

この太もも横にある筋肉を、拳や小さなボールなどでほぐしてください。

次に、この筋肉をストレッチしていきます。

椅子を用意していただき、椅子の真横に立ちます。

そして、椅子の座る部分に片手をつき、椅子側にある脚を、椅子のない方のななめ後ろへ伸ばしましょう。

空いている手は、伸ばしていない方の膝においておきます。

重心は少し前の方へ意識し、伸ばした脚に体重をかけるようにしてください。

これを30秒キープし、左右両方行うようにしましょう。

次は、太もも全体にある筋肉のストレッチをします。

片膝を立て片手を置き、上半身を上げます。

反対の脚の膝を床について、その足首を空いている手で持ち、お尻の方へに数秒持ち上げましょう。

左右両方行います。

最後は、腰回りの筋肉のストレッチです。

このストレッチは、骨盤を正しい位置に戻す効果があります。

片膝を立て両手を膝に置き、上半身を上げ、反対の脚は後ろに伸ばします。

立てた膝に重心をかけながら前に傾けます。

こちらも左右両方行ってください。

この時、上半身がぐらぐらしないよう気をつけましょう。

O脚に戻らないためのエクササイズをご紹介!

ここまでO脚の改善方法をご紹介してきましたが、もしO脚を改善できたとしても、普段の生活習慣が改善されなければ、また元に戻ってしまいます。

ここではO脚にならないためのエクササイズを2つご紹介します。

まず、O脚の方は、太ももの外側にある筋肉が張ってしまったり発達していて、逆に内側の筋肉が弱っています。

太ももの内側にある筋肉を鍛えるエクササイズをしましょう。

やり方は、右肘を床につき、横向きになります。

次に、左脚はまっすぐ伸ばしたままにし、右脚を少し上に上げます。

脚を上げている時間は、できる限りで大丈夫です。

終わったら反対側も同様に行います。

次のエクササイズは、骨盤の内側にある筋肉を鍛えます。

この筋肉を鍛えると、体幹がしっかりするので、骨盤のズレを起きにくくする効果が期待できます。

やり方は、壁に手を当てて立ち、片方の脚を斜め後ろに上げるだけです。

これを20回程度行い、反対側の脚も同様にします。

ストレッチと合わせて行い、キレイな脚をキープしましょう。

O脚はストレッチとエクササイズで治そう!

O脚は、見た目の悪さだけでなく、体に不調をきたす影響があります。

その改善としてストレッチをご紹介してきましたが、どれも簡単にできるものばかりでしたね。

ストレッチに合わせてエクササイズを行えば、キレイな脚をキープすることができますので、普段の日課に取り入れて、頑張ってみてください。

 - マッサージ 整体, 手足 症状, 筋トレ&ストレッチ